雑記

オーストラリアの空港でプリペイドSIMを購入する方法(旅行・短期滞在向け)

1日~10日程度オーストラリアに滞在したい場合に空港(メルボルン国際空港・シドニー国際空港)で簡単に購入できるプリペイドSIMと購入できる場所をまとめました。

これから旅行に行かれる方の参考になれば幸いです。

 

オーストラリアの通信キャリア一覧

オーストラリアには大手キャリアが3つあります。

それぞれのキャリアの簡単な特徴です。

キャリア名 通信方式 概要
Telstra 4G/LTE(バンド3,5,7,28) オーストラリア最大のキャリア、4Gの通信エリアはオーストラリアの人口99%をカバー。都市部では4GXといった最新4Gよりも速い通信が可能。田舎でも4Gで速いです。
Optus 4G/LTE(バンド28) 4Gの通信エリアはオーストラリアの人口96%をカバー、Telstraより田舎がちょっと苦手そうです。
Vodafone 4G/LTE(バンド3)  上記2キャリアと比べると通信エリアは見劣りします。

他にもMVNOが多くあるようですが、
他国のMVNOは敷居が高いと思いますので、このページでは割愛します。

 

オーストラリアでのプリペイドSIMの購入はOptusがお勧め!

Telstraの店舗は空港にありません。Vodafoneは短期利用者向けのパッケージプランがありません。

よって消去法でOptusをお勧めします。

 

OptusのプリペイドSIM「My Prepaid Daily Plus」がお勧め!

プリペイドSIM「Preoaud Daily Maximiser」はMyCreditへ事前に金額をチャージし、チャージしたMycreditから毎日先払いする日払いプランです。

価格は2018年5月時点で$2/1日、1日当たり通信容量500MBを利用できます。(日本国内でsim/wifiを購入するよりも安くなり、プリペイドSIMの他プランは$30~なので、間違い無いかと)

 

1日の使用量が512MBを超えた場合はMyCreditから自動で$2が差し引かれ、その日のプランが$4/1日で1GBへと切り替わります。

もしも1日の通信容量が1GBを超える場合は別途設定が必要です。
余程の事が無い限り1日の通信容量が1GBを超えることは無いと思いますのでこのページでは割愛します。

滞在日数に合わせて$10か$20をチャージしておけば良いかと思います。30日以上滞在される方は、有効期限を過ぎるとチャージ額は失効してしまいますので注意してください。(有効期限前にリチャージすれば繰り越されます)

チャージ額 有効期間
$10 30日
$20 30日
$30 186日
$45 186日
$60 186日
$100 186日

 

詳しくはoptus公式サイトを参照ください。

 

Optus 店舗への行き方

シドニー国際空港

オプトゥス:

T1国際線到着口

営業時間:6:00~22:00

master visa使用可

2店舗、赤矢印の場所にあります。

シドニー国際空港公式HP

 

メルボルン国際空港

T2国際線到着口

営業時間:6:30~25:00

国際線到着後(T2)、荷物を受け取って外へ出、すぐ右を見るとOPTUSの店舗が見えると思います。下の地図で⑦番

メルボルン国際空港公式サイト

国内で準備するモノ(購入に必要なモノ)

使用するスマートフォン(SIMフリー/SIMロック解除済みのもの)

やはり利用するのであれば、普段使い慣れた端末が一番かと思います。
LINEやゲーム等のアプリも、普段使いのまま使用することが出来ます。

ただ、キャリアで購入したスマートフォンにはSIMロックが掛かっていますので、
事前に購入したキャリア店舗でSIMロックを解除して貰いましょう。

 

パスポート

プリペイドSIM購入時に身分証明として提示が必要です。

 

クレジットカード

料金の支払いにクレジットカードが必要になります。

 

SIMカード交換ピン

これが無いとSIMの交換ができません。忘れてしまうとかなり不便をしますので必ず財布に忍ばせておきましょう!

 

SIMカードを保管するケース・ZIPロック等

日本国内で使用していたSIMカード、無くすと悲惨です。かなり小さい物ですので無くさないように事前に対策を打っておきましょう。

 

iphoneの場合、AppleIDとパスワード

SIMカードを差し替える際にセキュリティ対策で、AppleIDとパスワードを聞かれます。私の先輩みたいに購入した後に「パスワードなんだっけ」なんて事が無いように・・・・・・

 

最後に

オーストラリアにはMNVO等もありますが、観光客慣れをしている空港内の店舗で購入することが一番かと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-雑記

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.