海外旅行の知識

海外旅行 渡航先で必要になる緊急連絡先一覧

海外旅行先で運悪くトラブルに見舞われてしまったとき、周囲に助けてくれる人はいません(親切な方はいるかも知れませんが日本語が通じません)。トラブルに対し自身の手で対処する必要が出てきます。

誰にも頼れない海外でトラブルが発生した場合の対処方法は複数ありますが、やはり助けになってくれる人や団体に電話・相談・仲介して貰うことが正です。

このページでは海外でいざと言うときに連絡すべき緊急連絡先とその理由をまとめました。

 

渡航先で必要な緊急連絡先とその理由

ツアー会社と添乗員の連絡先

ツアーに参加する方は現地で迷子になったりバスに置いてかれたときの事を考え、ツアー会社と添乗員の連絡先を把握しておきましょう。また、ツアー中に起きたトラブルであれば仲介、力になってくれるはずです。

大使館/総領事館

海外旅行中のトラブルや身の危険を感じたとき、病気に掛かったりしてどうすれば良いのか分からないときなどに連絡・相談できます。私たち日本人にとって大使館は駆け込み寺、最低でも大使館の連絡先は把握しておきましょう。

クレジットカード会社

海外旅行中にクレジットカードを盗まれた場合、クレジットカードを凍結する必要があります。すぐ対応できるよう緊急連絡先を把握しておきましょう。

保険会社(海外旅行/クレジットカード付帯)の窓口

現地で病気や盗難、事故に遭った場合に連絡する必要があります。国内で入っている保険は海外では無効ですので、クレジットカードに付帯する海外旅行保険の窓口、海外旅行前に加入した海外旅行保険会社の電話番号を把握しておきましょう。

緊急通報用電話番号

日本で言う「110」や「119」です。国それぞれに緊急通報用の電話番号がありますので、把握しておきましょう。

日本語が通じる現地病院

現地にも日本語が通じる病院があるかもしれません。事前に電話番号や住所を調べておきましょう。

国内にいる家族の電話番号

何か合った場合には家族へ連絡をしなければいけません。渡航先から日本への国際電話の掛け方も把握しておきましょう。

会社・学校の電話番号

飛行機の遅延や病気などで出勤/出席できない場合、その旨を報告する必要があります。

宿泊ホテル

チェックインが遅れてしまう時の事を考え、連絡先を控えておいた方が良いです。

 

連絡先リストのテンプレート(A4)

上記の緊急連絡先リストをエクセルでA4のテンプレートにしました。こちらからダウンロードできます。ぜひ海外旅行にご活用ください。

 

 

最後に

私は運が良いことに、まだこのシートに海外で頼ったことはありませんが、海外ではいつ何が起こってもおかしくありません。誰にも頼ることのできない海外では通話先の相手は快く相談に乗ってくれるはず。何事も無いことが一番ですが、自己防衛のためにも必要な連絡先は必ず控えおきましょう。

皆様の海外旅行がより良いものになりますように!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-海外旅行の知識

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.