日本

秋の札幌小樽 旅行記 小樽観光(1日目)

こんにちは、ごんたです。

セントレアにエアアジアジャパンが就航し、名古屋からも北海道へ1万円ほどで行けるようになりましたね!

「東京行くより安いじゃん。これは行くしかない!」

そんなわけで2018年10月の終わり、秋に家族を連れて北海道旅行へ行ってまいりました。

 

07:35 セントレアからエアアジアで北海道へ!

初日は朝7時という早朝便に乗り、名古屋から北海道へ向かいます。

飛行機搭乗記は別でまとめました。
エアアジアDJ1 名古屋⇒札幌 搭乗記 座席は少し窮屈でした

飛行時間は新幹線の東京⇔名古屋とほとんど同じです。あっという間!

北海道の大地が見えてきました。

 

09:17 新千歳空港 到着

新千歳空港へ到着です。10月後半なので流石に少々冷えますね。

荷物室に預けた荷物は無いのでそのままJRの駅へ直行!

 

09:30 千歳空港から小樽へ

空港から小樽へは30分に一本の間隔でエアポートライナーが運航されています。

平日なので結構空いてました!

 

10:45 小樽へ到着!

千歳空港から小樽へは意外と距離があり計1時間15分掛かります。車内ではみんなうたた寝をしてしまいました。

小樽まで行くのでしたら、快適に移動できる指定席を購入した方が良いかもしれません。

ありがとうエアポートライナー!

 

11:43 中華食堂「くろ」であんかけ焼きそば

一旦ホテルへ荷物を預け、手宮線や石造りの建築物を眺めながら、あんかけ焼きそばを食べに中華食堂「くろ」へ向かいます。

Googleで評価の良かったためにこのお店に決めたのですが、中々入りづらいですね!笑

一見さんお断りだったりしないよね・・・?

「くろ」さんは地元の方がよく利用をするようで、着席後はスーツを着た方が駆け込んできたり、地元の方から予約の電話が入ったりと大変賑わっていました。

あんかけ焼きそばにしようと思っていたけど・・・どれも美味しそうです!

迷った末にあんかけ焼きそばを注文しました。野菜と餡がタップリでアツアツ、美味しそうです!

あっという間にごちそうさまでした!

 

12:10 日本銀行 旧小樽支店(金融資料館)

金融資料館です。去年に次いでまた来てしまいました。

当時の小樽金融街やお金の役割を知ることができます。

かつて実際に使われていた金庫を見学することができます。扉が厚いですね!

 

 13:20 天上寺

金融資料館の見学を終え、流しのタクシーの乗り込みます。目的地は桜の名所「天上寺」!

残念ながら本日は金曜日、法事が行われている様で、お堂は完全に締め切られていました。

ぶらりと境内を一周し、天上寺を後にしました。

小樽はタクシーが多いので足が無くても不自由しませんね。お次は「にしん御殿」へ!再び流しのタクシーを捕まえます。

 

13:30 にしん御殿 小樽貴賓館(旧青山別邸)

貴賓館には飲食やお土産購入ができる施設と、にしん漁で巨万の富を得た青山家によって大正時代に建てられた18室からなる木造の別荘「旧青山別邸」からなります。

施設の玄関に入り、まず目にするのが豪華絢爛な天井です!ここはエントランスになっており、各方向が食事処やお土産屋、別邸へ通じています。

食事はしないので、エントランス内にある入場ゲートより入場料を支払い青山別邸へ潜入!

残念ながら青山別邸の内部は撮影禁止なので写真はありませんが、内部は外観からは想像が着かないほど、「にしんでこんな屋敷が建つの!?」と思えるほど贅を尽くした作りになっています。

入場料が少々お高く感じ気が引けていましたが、見学を終えた後は安く感じました。

 

この庭の石も凄いですね。運ぶの大変そう。

 

14:50 小樽市鰊御殿

お次は小高い丘の上に建つ「にしん御殿」に向かいます。

先ほど見たのは「漁で儲けて建ったにしん御殿」、これから見るのは「漁をするために建ったにしん御殿」です。

元々は海沿いに建っていたのですが、原発の建築に伴いコチラに移築されたんだとか。決して船頭多くして船山に登ったワケではありません((

灯台の手前にあるプラム色の屋根の建物が小樽鰊御殿です。

なんだか昭和時代の北海道映画に出てきそうな建物です笑

1階、こちらに格の高い漁師の家族がみんなで暮らしていたそうです。

そして2階と言うよりは屋根裏部屋。こちらで120人の漁夫が寝泊まりをしていたそうです。ハシゴが掛かっているのは寝床、寝返りを打てば1階の土間に落下してしまいます。過酷ですね。。

2階は屋根裏っぽい寝泊まり部屋とは別に、来客用のしっかりした畳の間があります。小高い丘の上に建っているだけあって景色が良いですね!

ついでに灯台へも足を伸ばしました!

断崖絶壁です。断崖絶壁と灯台以外、特に何もありませんでした。

 

帰りはバスでリーズナブルに小樽市内のホテルへと帰還です!

本日の宿泊地はホテルソニア!チェックインと小休憩を済ませ、晩御飯を食べに出発です!

ホテルからの景色、小樽運河が良く見えました!

 

16:35 小樽 境町通りでグルメとウィンドウショッピング

晩御飯はやっぱり寿司がいいよね!

安くてうまいお店を探すべく、小樽のノスタルジックな商店街「境町通り」を散策することに。

LeTAO(ルタオ)

まず立ち寄ったのが、小樽のお土産で有名なルタオです。

店内にはチーズケーキや高級なお菓子などが陳列されていますが

今回のお目当てはこれ!現地でしか食べられないアイスです。

アイスの上にケーキが乗ってる!絶対に美味しいやつだ笑

 

北一ガラス

沢山のオンリーワン手作りガラス製品を製造・販売している北一ガラスです。店内は撮影禁止なので写真はありませんが、ステンドグラスのランプや可愛いコップが沢山陳列され、私や家族の中に潜む物欲がやばいことになっていました笑

飛行機で輸送するのは・・・という事で2万円の花瓶を前に指を咥えてウィンドウショッピングで済ませます。

小樽市へは日帰りで訪れる観光客が多いようで、まだ6時前ですが既に閑散としていました。殆どのお店が店じまいを始めています。

 

巽鮨で晩御飯

お寿司をどこで食べようか散々迷った挙句、最終的にGoogle先生のレビューを元に「巽鮨」さんに立ち寄ることにしました。

3456円の今月の握りをいただきます!ウヒョー楽しみ!

すんごいうまい!こんなにうまいお寿司を食べたのは初めてです。高いお寿司だからって噛みしめて食べられない!お口の中で溶けてしまうんだもの笑

 

19:05 小樽運河を散歩

最後にホテル前の小樽運河を散策し、今日の観光は終わりです!

金曜日で19時ともなると、ほとんどの方が札幌のホテルへと帰ってしまいゆっくりと小樽運河を散歩できます。

みなさんものんびり小樽に一泊してみては?

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-日本
-, ,

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.