台湾

雙連朝市(台北)で朝ごはん! 行き方も紹介です

どうもこんにちは、ごんた(@tabisuki_gonta)です。

台北旅行での朝ごはん、ホテルで朝食を済ませてしまう方が殆どかもしれません。

でもでも!!

台北の朝食にも美味しいグルメが沢山あるのに、ホテルのバイキングで朝食を済ませてしまうのは、もったいなくないでしょうか?

今回は台北の中心地で開かれている夜市の朝バージョン「雙連朝市」について、行き方と食べられる物について紹介したいと思います。

 

雙連朝市について

雙連朝市は淡水信義線「雙連駅」の目の前で行われている朝市です。朝市では夜市とは異なった趣の日用品雑貨や飲食屋台が軒を連ね、地元のおばちゃん達、そして日本人観光客で活気に溢れています。

中でも食べ物の屋台には、野菜を調理したものや饅頭、おにぎりにサトウキビジュースなどが並んでおり、朝食を摂るには最適。

朝市と言っても日本の朝市ほど早く閉まらないので安心してください。営業時間は長く、朝7:00~午後の14:30ごろまで営業しています。台北の朝市は寝坊助さんに優しいですね笑

 

雙連朝市への行き方

雙連朝市はMRT淡水信義線「雙連駅」の真ん前ですから、MRTでのアクセスが大変便利です。

今回はMRT「淡水信義線」の「雙連駅」からスタート!

駅の改札を出たら、2番出口より外へ出ます。

2番出口の真横で朝市が開かれています。暗くて見づらいですが、奥にある屋台が朝市です。

 

 

雙連朝市でグルメな朝ごはん!

雙連朝市には大勢の日本人観光客が来ていました。が、買い物をしている日本人に一度も出くわしませんでした。

「何かあったら食べよう」くらいの気持ちでは、何も買わずに朝市を通り過ぎて終わってしまいます。

グルメを楽しみたい方は「絶対に5つの屋台でグルメを堪能するぞ!」くらいの心構えで朝市にのぞんでください!

 

お肉屋

なんだかユニークな店構え! お肉屋の屋台です。

お肉屋はトントントンと軽快に包丁をさばき、見ているだけで楽しいです!

でも、これは流石に買えませんね笑

 

お惣菜屋

お惣菜を量り売りで売っており、地元の方で賑わっていました。

 

点心屋

様々なおばちゃん手作りの点心料理などが売られています。

草餅の中に挽肉が入っていたり、日本では味わえない美味しい料理を満喫できました。ごちそうさま!

 

茹で野菜屋

何屋さんと言えばいいんだろう? しっくりくるお店の名前が思いつきませんでした笑

サツマイモを茹でた物

トウモロコシを茹でた物が売られています。

1本20元で売ってもらいました。

食べてみると日本のとうもろこしとは全く異なる味に触感です。触感はモチモチ、味は全くありませんでいた。面白いので食べてみてください!笑

 

ガチョウ屋

もはや写真スポットと化しているガチョウ屋です。

鍋にはガチョウの首が・・・

子供にはインパクトが強すぎて見せられませんね笑

 

果物屋

果物屋は朝市のいたる場所にあります。私が訪れたのは11月でしたので、パパイヤやドラゴンフルーツ、シャカトウやパッションフルーツなど、季節の果物が陳列されていました。そう高い物でもありませんので、一品ずつ買ってみて、ホテルで挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

私はシャカトウに挑戦してみました!わざわざ屋台の方が、ホテルで食べやすいようにと、お店まで戻って新鮮なシャカトウを用意してくれました。

蜜柑の様に手で簡単に向けました!味は梨に近いかも?みずみずしくトロリとして美味しいです!

 

サトウキビジュース

色々な夜市でも目にしますが、雙連朝市でもいただけます!

 

水煎包

水煎包は点心の一つ!一個たったの13元、これから会社に行く方で賑わっていました。

肉汁がやばかった!また食べにこよう。。

 

雑貨屋

他にも雑貨や衣服を取り扱うお店が多数ありました。

 

文昌宮

グルメではありませんが、朝市の真ん中らへんに学問の神様を祭った文昌宮があります。装飾にこだわった屋根に注目です!

 

朝市の真横は公園なので、買ったものは公園のベンチですぐに食べることができます。

 

最後に

初めて雙連朝市へ来たときは、その活気に押されて何も買うことができませんでした。

しかし2度目の雙連朝市では「買うぞ!」と決意いたため、色々な屋台で食べ物を買うことができました。

冒険心と決意は旅行を一層楽しくします!みなさんもぜひ写真を撮って通り過ぎるだけでなく、朝市を体感してみてください!

台北親子旅行記 3泊4日の2日目 買い物三昧!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-台湾
-,

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.