台湾

台北駅から桃園空港へ|バスの乗り方

台北駅から桃園空港へ行く方法はMRT,バス,タクシーの3種類あります。今回は3種類の移動手段中、最も安く快適に移動ができるバスの乗り方について紹介させていただきます。

台北駅⇒桃園空港|おすすめ路線は国光客運の1819

おすすめのバス路線は国光客運が運用する1819です。

運賃は片道140元。スーツケースをトランクに預け、空港に到着するまでリムジンバスの座席で快適に過ごせます。

予約要らず!悠々カードでMRTの様に乗れます。

台湾のバスは悠々カードで乗車が可能です。この国光客運 1819も予約要らず、悠々カード一枚で乗車が可能です。バスと聞くと面倒くさそうに思えますが、かなり簡単に乗車できてしまうのです。

1819 桃園空港行きバスの運行間隔・時刻表について

まず、国光客運の1819路線(台北駅⇔桃園空港)は24時間営業で運行されています。

そして運行間隔は10分毎。そのため時刻表は気にせずにバス停へ向かえばいいです。バス停に行けばバスが必ず停まっていると言っても過言ではありません。

注意点としましては、深夜時間帯(0時~5時頃)は30~60分に1本の運行になります。

台北駅 桃園空港行きのバス乗り場

台北駅行きのバス乗り場は、台北駅をの東側にあります。

国光客運のバスターミナルがありますので、そこを目指して歩きましょう。

下写真がバスターミナルです。ちょうど下の写真でバスが止まっている場所が、2番バス停。1819系統、桃園空港行のバスが停車するバス停です。

2番バス停には「1819 桃園機場」と大きく掲げられていますので、迷子になることは無いかと!

国光客運 1819 バスの乗り方・降り方

空港にはターミナル1とターミナル2それぞれにバス停があります。航空会社でターミナルが変わるので、壁面の一覧表で降りるべきターミナルを確認しておきましょう。

ターミナルを確認したら、今度は運転手さんに声をかけ、降りるターミナルを伝えましょう。荷物を正しいバスのトランクに載せてもらうためです。

運転手さんは荷物を預けるとスーツケースに荷札を貼ってくれ、トランク内に格納してくれます。その際に半券を手渡されますので無くさないように注意してください。

バスは悠々カードが利用できます。乗車時/下車時にタッチします。

バス車内の様子。行きも帰りもガラガラでした。高速を走行するので、台湾の法律上必ず座れます。

バスにはUSBも付いており充填も可能でした!1時間も掛からない移動ですが、バッテリーを気にしなくても良いのは助かりますね。

空港のバス停は出発時と到着時で異なり、到着時は出発ロビー手前のバス停に停車してくれます。空港内で迷子にならなくて済みます!

バスと聞くと敬遠しがちですが、意外と便利なのでぜひ利用してみてください!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-台湾
-

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.