マレーシア

マレーシアひとり旅行記 4日目前編 チャイナタウンと博物館

おはようございます。いよいよ最終日、4日目になりました。本日は飛行機に乗り遅れないよう、鉄道駅周辺の観光施設をめぐります。

マレーシアひとり旅行記 1日目前編 人生初のひとり海外旅行へ!
マレーシアひとり旅行記 3日目 ブキビンタン・KLCCで買い物巡り

ホテルをチェックアウトしてKLセントラル駅へ!スーツケースが壊れてしまいましたのでタクシーで移動します。

 

KLセントラルのコインロッカーへ

移動中、運ちゃんからこんな提案がありました。

「KLセントラルから電車で空港行くよりもタクシーで行った方が安いですよ!」

これから観光するためにKLセントラルに行くのに、余計なお世話です!

「駅に行きたいから結構です」
「だから、空港まで直接行った方がいいですよ!」
「駅周辺を観光したいので結構です。」

多少高くてもタクシーチケットを利用したほうが良いかもですね笑 最終的にはちゃんとKLセントラルまで向かってくれRM15で済みました。安いですね!

さてKLセントラルでロッカーにスーツケースを預けます。ロッカーの前でニコニコしているおじさんがおり、コインロッカーの押し付けに会いました。値段の張る指紋・顔感知式のロッカーを勧められ、RM40も取られてしまいました。。。

「私はずっとここにいるから、使い方わかんなくても安心ダヨ!帰りに声掛けてね!」なんて言っていましたが、帰ったころには誰もいませんでした笑

今度からは断れるようになろう!

 

セントラルマーケット

初めての海外旅行にかなり疲れており、写真を撮り忘れていました。

さて、KJL、地下鉄に乗ってセントラルマーケットへ向かいました。

しばらく歩いていると・・・「ザァァァァァ」スコールです!

わわわっ!急いでセントラルマーケットへ駆け込みました。傘を電車内に忘れてきちゃったんだよな、トホホ・・・

セントラルマーケットの中は横浜のレンガ倉庫を連想させる様な雰囲気でした。マレーシアの伝統的な雑貨やお菓子のお土産が軒を連ねています。フードコートもありました。

セントラルマーケットは外国人向けの観光施設な様で、現地の方の姿はありません。そしてお値段もブキビンタンにあるお店よりも高く、完全に観光地価格でした。

店内をうろうろしていると沢山の店員さんが声を掛けてきます。「ナマコセッケン、オニーサンカッコイイヤサシイ」なんて笑 スンガイワンでは中国語でしか話しかけられませんでしたが流石は観光地商売のプロですね!歩き方や姿勢で分かるんですかね?

なまこ石鹸は観光ガイドブックに"マレーシア土産の定番!"なんて書かれているのですが、私はこのセントラルマーケットで初めて見ました。本当にマレーシア土産なのでしょうか?笑

物価1/3に入り浸っていた私の財布の紐は固かった。何も買わずにウィンドウショッピングだけを楽しみ、近くにあるチャイナタウンへ向かいます。

 

チャイナタウン

マレーシアのチャイナタウンです!チャイナタウンは凄いですよね、世界各国にあり、どこへ行ってもその国の物価よりも低い価格で買い物ができます。大抵の場合は安物買いの銭失いですが笑

チャイナタウンは活気で溢れていました。アメ横みたいなお店が並びます。偽ブランド時計・鞄屋・おもちゃ屋・天津甘栗です。とにかく声掛けが多い!そそくさと財布を庇いながら進みます。

「おい兄ちゃん!入れ墨なんてどうだい?」

恐ろしいな笑

このエリアでお昼ご飯を済ませました。ミーゴレン20円! 人体に影響無いよね・・・?

しばらく散策を楽しみ、お次はマレーシアらしい国立モスクへ行ってみます。

 

国立モスク「マスジット・ネガラ」

国立モスクへはチャイナタウン最寄り駅の「Pasar Seni」から空中回廊と地下道で繋がっています。雨を気にせずにあっという間に到着!

国立モスクだけあり、白亜でとても綺麗です!

モスクの内部も見学できるようですが、時間も押していますので次の目的地、「イスラミックアートミュージアム」へ向かいます!

 

イスラミックアートミュージアム

イスラミックアートミュージアムはその名の通り、イスラム教に関しての資料・工芸品が展示されている美術館です。

建物は白を基調とし、とてもエキゾチックで且つモダンな作り、見ていて飽きません。

肝心の展示物はSDカードの破損で飛んで行ってしまいました。世界各国にある有名なモスクのジオラマがあったり、幾何学模様の美術品が展示されていたり、見ごたえが十分にある美術館です。以下のサイトに詳しい展示内容が載っておりましたので、興味のある方はぜひ見てみてください!

イスラミックアートミュージアム Islamic Arts Meseum Malaysia

 

今度はマレーシア博物館方面へ、有名な建築物を見ながら歩いて移動します。

 

クアラルンプール駅

現在はKLセントラル駅がクアラルンプールのターミナルですが、昔はこのクアラルンプール駅がクアラルンプールの中心でした。英国植民地時代に建てられた建物だそうです。

クアラルンプール駅の真横には「マレー鉄道公社があります。」

 

マレー鉄道公社

なんだかホーンテッドマンションを連想させる作りですね。立派な建物です。

 

マレーシア国立博物館

マレーシア国立博物館に到着です!

地図で見るとKLセントラルの裏側ですが、KLセントラル駅周辺は立体構造となっておりますので、歩行者には幾分か不親切です。KLセントラル駅からマレーシア国立博物館へのアクセス方法を載せておきますね!

因みに博物館内には飲食施設・自販機はありませんでした。

国立博物館にはマレーシアの歴史が展示されています。それでは行ってみましょう!

ここにも日本軍の後が!マレー作戦、銀輪部隊の自転車が展示されております。戦争当時には日本人がここまで領土を広げようと来ていたんですね。何だか感慨深いです。

日本関連の展示が多く、見ていて勉強になりました。でも国立博物館にしては規模が小さいかな笑

 

KLセントラル駅へ帰還!

歩き疲れたよおおお・・・

午前から動きっぱなしでヘトヘトです。無料循環バス「GOKLバス」でKLセントラル駅へ向かうことにしました。

バスへ乗り込むと・・・車内には身なりの整っていない方が多いのなんの。

「ガラ悪いな・・・乗るんじゃなかった」

「プシューッ」ドアが閉まると同時にバスが急発進します。運転手さんはクラクションを愉しんでいるかの様に鳴らし続け、運転中には自身が持ち込んだラジオを聞いて鼻歌を歌っています。

無料バスは乗るものじゃないですね笑 電光掲示板も壊れており、バス停の案内なんて一切ありません。2人ばかり運転手に何かを尋ねていましたが、運転手は完全無視です。そして私が乗ったバスの行き先は・・・KLセントラルの正反対でした(泣

人の良いおばあちゃんにKLセントラルへの行き方を聞き、終点で折り返しのバスに乗って何とか帰ることができました。私にとって1年経った今でも強烈な思い出です。観光ガイド雑誌に無料バスの紹介がありますが、私は使用をお勧めしませんよ!笑

 

後編へ続きます!

マレーシアひとり旅行記 4日目後編 マレーシアから日本へ

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-マレーシア
-

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.