マレーシア

マレーシア|おすすめSIMの購入・設定方法

私も以前、マレーシア旅行の最中、クアラルンプール国際空港でプリペイドSIMを購入しました。

それが初めての海外旅行でしたので、

「どこの通信キャリアがいいんだろう・・・」「どうやって購入すればいいんだろう・・・英語わかんないよ・・・」「滞在先は圏外じゃないよね・・・」

もうとにかく不安だらけでした。しかし実際に現地で購入してみると鼻血が出るほどとっても簡単、このページでは、マレーシアでお勧めの通信キャリアとプラン、クアラルンプール国際空港でプリペイドSIMを購入できる場所と購入方法を順を追って紹介させていただきます。

 

お勧めするSIMキャリア

まず、マレーシアには複数の通信キャリアがあります。

CELCOMに、Maxisに、DIGIに・・・

迷わなくて大丈夫です。どのキャリアを選んでも料金に殆ど(100円以下)差がありません。ですので、おすすめの通信キャリアは、マレーシア通信事業の大手、日本のNTT的な存在であるCelcom一択です

通信網が広く、速度も良く、そして安いです。因みに通信網はマレーシア国土の90%以上をカバー、通信可能エリアはこちらから確認できます。

 

Celcomのお勧めするSIMプラン

Celcomは海外の観光客向けにプリペイドSIM「XPAX」を販売しています。

XPAXの中でも複数のプランがありますが、その中で「All-NEW XPAXプラン」がおススメ。

All-NEW XPAXのプラン内容

料金:RM10(およそ¥280)

利用可能期間:7日間

データ通信容量:10GB

短期旅行でしたら十分なプランですね。

 

 

さてお次は、クアラルンプール国際空港のどこで、何時に買うことができるのかを紹介させていただきます。

クアラルンプール国際空港内でSIMを買える場所と営業時間

クアラルンプールには主要航空会社用のターミナル(KLIA)とLCC用のターミナル(KLIA2)があります。どちらのターミナルにもCelcomの直営店がありますから、それぞれの店舗への行き方と営業時間を紹介します。

KLIAからCelcomへの行き方

ANA.JAL.マレーシア航空,キャセイを利用する場合には、KLIAで購入する事になります。

店舗は到着エリアにあり、それほど難しくありません。

①入国審査を済ませ、手荷物受け取り所でカバンを受け取り到着エリアへ出ます。

②到着エリア、到着する人を沢山の人が待っていますね、ここまで来たら右を向いてください。下写真にあるような「DUSKIN' DONUTS」と言うドーナッツ屋が見えるハズです。
kul1

③「DUSKIN' DONUTS」方面へ歩いていきます。

④「DUSKIN' DONUTS」まで来たら、ドーナッツ屋の右側、ちょうど下画像の方向へ進んで行きます。

duskin

④真っ直ぐ進むと下写真の店舗が見えてくるはずです。こちらがCelcomが展開している店舗「bluecube」になります。会社名と店舗名が違うのでちょっと分かりづらいですね。
bluecube1

 

●店舗情報

店舗名:Celcom Blue Cube KLIA1
営業時間:6:00~24:00
休業日:無し
住所:Lot MTBAP NA 1, Arrival Hall (Level 3), Main Terminal Building, KL International Building, 64000 Sepang

0時以降、深夜時間帯は営業していませんのでご注意ください。

 

KLIA2からCelcomへの行き方

こちらも到着エリアにあり、全く難しくありません。入国審査を済ませ、手荷物受け取り所でカバンを受け取り到着エリアへ出ます。すると目の前に店舗があります。

klia2

●店舗情報

店舗名:Celcom Blue Cube KLIA2
営業時間:6:00~24:00
休業日:無し
住所:L2M-14, Level 2M, Getaway at KLIA2, Sepang 64000, Selangor

こちらの店舗も0時以降、深夜時間帯は営業していませんのでご注意ください。

 

CelcomでのプリペイドSIMの購入方法

CelcomでプリペイドSIMを購入してみましょう。

用意するもの

  • SIMフリー/SIMロック解除済みのスマートフォン
  • 現金(RM)※クレジットは使えない恐れあり
  • パスポート
  • iPhoneの方はAppleID,パスワード

現地店舗での手順

スマートフォンの言語は英語にしておきましょう。

店舗に到着したら、挨拶をしながらスマートフォンを見せ、「I want to use this phone 7 days」と言いながらパスポートとスマートフォンをカウンターに差し出します。私が差し出したときは、通信可能な状態になるまで設定を行ってくれました。

 

帰国時のSIMカードの返却は?

キャリアへのSIMの返却は必要無いですので記念に持ち帰ってください。

帰国後の、日本で使用しているSIMへの差し替えはご自身の手で行うことになります。SIMカード交換PINを携行しておきましょう

 

マレーシアのSIMは日本では購入できないの?

Amazonや楽天でもマレーシアで使用できるSIMカードを購入することは可能ですが、値段が¥1,000~と高めです。私は現地での購入をオススメします。

 

マレーシアと渡航に関してのその他の情報です

マレーシアひとり旅行記 1日目前編 人生初のひとり海外旅行へ!

LCCの荷物制限対策 5kg以内で機内持込する6つの方法

 

 

最後に

私にとってマレーシアが初めての一人海外旅行、バスに間違えて乗ってしまった時、ホテルで水周りが詰まってしまった時にはスマートフォンに救われました。

ぜひ皆さんもお気をつけて、ステキで快適な海外旅行にしてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-マレーシア

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.