ニュージーランド

オークランド弾丸ひとり旅行記3日目前編 ようやく始まるオークランド観光!

マレーシア航空の遅延により、1日遅れでオークランドへ向け出発しました。現在はオークランド行きの飛行機の中にいます。

1日目 まさかの成田観光!?
2日目 まさかのマレーシア観光!?

 

クアラルンプール国際空港⇒オークランド国際空港

現在、マレーシア航空「クアラルンプール発オークランド行き」の夜行便の中です。

マレーシア航空のビジネスクラスは事前に食べたい機内食を注文できるのですが、遅延で搭乗する便がずれたことで取り消しになっていたようです。

残念!

ビーフとマッシュドポテト、オセアニア料理って感じです。

アルコールは飲みませんが、チーズセレクションなるものがあったので頼んでみました。

私はてっきり銀色の包装紙に包まれたプロセスチーズが来ることを思ってていたのですが、期待以上にチーズセレクション!

ブルーチーズの濃厚でねっとりした味は食後で満腹のお腹には厳しいです。注文したことを後悔しながら水で胃に流し込みました。

 

満腹を超え気持ち悪くなって横になります。そして3時間後に次の朝食がやってきました。

おぇぷ

オークランドへ無事着陸。丁度雨がやんだのかな?虹が出迎えてくれました。

 

 

オークランド国際空港

空港ではATMで現金を下ろし、オークランド市内

バスに乗った時に丁度お昼の1時でした。

半日でどれだけ観光できるのか分かりませんが限られた1日半の観光を精一杯満喫します!

オークランドは丘陵地帯にあり坂道が非常に多いです。その分都市が立体的に見え景観がとても良い!

目抜き通りのクイーンストリートを歩いていると、様々な国のレストランや雑貨店を見ることができます。

日本人が経営する日本料理店やアニメショップ、サンリオショップまであり、ヴィトンやプラダ等のブランド店も軒を連ねます。

非常にコンパクトな都市ですが都市全体がショッピングモールの様な、そんな感じがしました。

 

海沿いに出ます。このクラシカルな建物の後ろから各島へフェリーが出ております。

そのクラシカルな建物の後ろにインフォメーションセンターがあり、こちらでスーツケースを預けました。当日の16:45まで$5.0で利用可能です。

この自転車道を作ってほしい。。

オークランド博物館へ

クイーンストリートを少し戻り、脇道にそれます。

オークランド博物館のあるドメイン(火山)へはアルバートパークを抜けて向かいます。

公園内を抜けて

オークランド大学を横目に

ドメインに到着です。

廃火山が公園になっており、山頂付近に博物館や植物園があります。

ここが火口跡かな?

オークランド博物館です。平原と青空でとても映えていますね!

映画の中にいるみたい。

博物館手前からの景色はかなり良いです。階段に座って黄昏ている方もいました。

リュックサックは館内持ち込み禁止だそうで、受付横の荷物預かりカウンターに預け入場します。

1Fはマオリ族の文化に関しての展示が大半を占めておりました。

化石やはく製の展示があったり

見づらいですが、日本の美術品展示コーナーもありました。

 

一番驚いたのがこれ、ニュージーランド軍が買い取り、しばらくした後に軍より寄贈されたそうで。

それと東条英機の説明。"大東亜を守るための戦争、正義と勝利は我らにある"と書かれていたことに驚きました。日本では領土拡大のための太平洋戦争としか習いませんもんね。

 

スピットファイア?もありました。

これは・・・巡航ミサイルかな・・・?よくこんなの残ってますね。

博物館の天井にはステンドグラスがあしらわれており、周囲の壁にはニュージーランドの歴史には詳しくないですが、ニュージーランドも多くの傷を負ってしまったのですね。

構内は吹き抜けになっており、受付が一望できました笑

マオリ族の遺物が展示されているだけと思っておりましたが、日本と接点のある展示も多く、またオークランドの気象や気候に関しての展示もあり、中々見ごたえがありました。

荷物を取りに戻り、本日の宿へ向かいましょう!

3日目後編 英語できないのに頑張った!民泊へ挑戦

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ニュージーランド
-

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.