乗り物のこと 搭乗記 台湾

JAL JL821,JL822便 中部⇒台北 エコノミークラス搭乗記

年の瀬にJAL国際線を利用して中部国際空港から台湾へ旅行に行ってきました。
JALの短距離国際線に乗るのは今回が初めてです。

JALの国際線では例外無く必ず機内食が出てくるそうですが、
3時間の道中のうち、シートベルト着用サインが消えている短時間に
提供される機内食は一体どのような物なのでしょうか?

このページでは中部国際空港⇔桃園国際空港を結ぶJL821,JL822便について、
搭乗記といった形で紹介させていただきます。

 

JAL JL821,JL822便についてご紹介!

名古屋(中部国際空港)と台北(桃園国際空港)の間を結ぶJAL便です。

便名 JL821 JL822
航路 中部国際空港⇒台湾桃園国際空港 台湾桃園国際空港⇒中部国際空港
時刻 09:40⇒12:15 15:45⇒19:20

使用機材:Boeing737-800(短距離路線なので国内線と同じ機種)

因みに"桃園"は"タオヤン"って読むそうです。

 

中部国際空港⇔桃園国際空港 搭乗記

ラウンジに入りたかったため早めにセントレアへ訪れました。

しかしエコノミーチェックインカウンターは大行列!
セントレアのチェックインで初めて並びました笑

夜のセントレアは人が全然いないですからね。。

万年ガラガラだと思っていたセントレアも、今はこんなに混雑するんですね。。

無事発券を終えました。搭乗開始までの間、ラウンジで寛ぐことにします。

ラウンジ滞在記は以下のページにまとめました。
ぜひご覧下さい!

セントレア 国際線JALサクララウンジ体験記

しばらくして搭乗時刻が来ましたので、機内に乗り込みます。

 

エコノミークラス(RECARO製)の座席について

横3列×3列の座席配置です。機材が国内線と同じですので
座席の横幅は国内線と同じだと思います。

斜め上から

横方向から

身長170cm座ってみると膝から前座席までこぶし3個分くらい入ります。

国内線よりも座席の間隔はかなり広くなっていますね。

フットレストもあります。親切!

少し古い機材ということもあり、座席間隔や快適さに
不安を抱いていましたが、シートはふかふかで座席間も
十分広く、とても快適に過ごすことが出来ました。

 

機内食について

沖縄と飛行距離が余り変わりませんが
国際線ということで機内食のサービスがあります。

離陸後すぐにドリンクサービスと同時に提供が始まりました。

こんなに短時間で、添乗員さん休む暇無しですね・・・笑

JL821便の機内食

2017年12月のメニューは

【副菜】じゃがバターコーン
【サラダ】フレッシュサラダ
【主菜】スパゲッティと豚カツ
【デザート】ハーゲンダッツ
でした。

やはり他の国際線と比べると料理が簡易的かな?
ジャンクフードって感じです。

デザートについてくるハーゲンダッツがちょっぴり嬉しい!

JL822便の機内食

搭乗した日は12月25日クリスマスです。

おっさん二人で飛行機の中です。(特別な関係ではありませんよ!)

メニューは金平ごぼう、そば、卵豆腐のマリネ、
ビーフと卵、野菜が乗ったテリヤキご飯でした。

行きよりも豪勢に見えます!

ただ、ごはんが2日くらい放置した様に固くなっており、非常に食べにくかったです。

美味しかったですけどね!

プリンの上にクリスマスリースのチョコレートが!
さすが気配りがステキですね。

 

アメニティについて

ヘッドフォンが座席に一つずつ備えられています。他にブランケットのサービスもありました。

 

機内の空調について

基本快適ですが、やや寒い時間帯があった気がします。

ブランケットを貰っておいたほうが良いかもしれません。

 

エンターテインメントについて

古い機材が故にシステムのバージョンも古く(MagicⅣ)
プログラムに載っているが見られない映画が多かったです。

モニターは可も無く不可も無くな大きさです。

 

おトイレ

トイレです。乗せる必要も無いでしょうけど
折角なので_(:3」∠)_

 

最後に

生まれて初めての台湾でしたが、観光地では日本語が通じる場所が多く
あたかも国内旅行をしている様な気分で観光することができました。

今旅行の旅行記です。

台湾旅行記|二人で3泊4日旅>台湾へ!(1日目前編)

 

そしてJALの国際線エコノミーを利用するのは今回で2回目です。

前回乗ったシンガポール便は新しいエコノミークラスシート「JAL SKY WIDER」でしたが、
それと比較をするとどちらとも快適で座席間隔・膝元の空間は変わり無いように思えました。

名古屋-台湾は3時間ほどの短いフライト、席が何だろうがぶっちゃけ堪えられます。
バンコクやマレーシアにLCCはきついかもしれませんが、台湾ならLCCで十分ですね。

因みにJL821,JL822にはビジネスクラスも何席かありますが、
見た限りクラスJと同じくらいの大きさに見えました。

このビジネスクラスにエコノミークラスの2倍以上の値段を出すのは少々勿体無い気がしますね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-乗り物のこと, 搭乗記, 台湾

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.