台湾

台北から十分への行き方|悠々カードで行けます!

みなさんこんにちは、今回は台北駅から十分へのアクセス方法の中で最もオーソドックスである、鉄道(台鐵)を利用した行き方を紹介させていただきます。

台鐵と聞くと何だか難しそうですが、悠々カードも使えるのでハードルはかなり低いです。そして平渓線の景色は素晴らしいです。

 

台北駅から十分への行き方は簡単!

台北駅から十分駅までどうやって行くかをざっくり紹介しますね。

台北駅から十分へは1回乗り換えるだけ

台北駅から十分へは、1回の乗り換えで向かいます。

①台北駅⇒瑞芳駅(宜蘭線)
②瑞芳駅⇒十分駅(平渓線)

それぞれの読み方は

①タイペイ⇒ルイファン(イーラン線)
②ルイファン⇒シーフェン(ピンシー線)

です。

 

必要なものは悠々カード一枚!

台北から十分へ向かうまでのすべての駅で悠々カードを使用できます。切符を買わなくても良いと言うのはかなり嬉しいですね!

 

 

それでは、【台北駅より瑞芳駅への行き方】、【瑞芳駅より十分駅への行き方】、【時刻表の調べ方】の順番で、台北駅から十分駅への行き方を紹介させていただきます。

 

台北駅⇒瑞芳駅への行き方

①台北駅の台鐵の改札を目指します

台北駅の構内からスタートです。この体育館っぽい建物が台北駅です!

台北駅には様々な交通網が集中しており、バスやMRT、台湾新幹線に台鐵と多岐に渡ります。そのため、台北駅構内は迷宮となっています。

とは言うものの、構内の至る場所にある"頭上の案内標識"を見ながら進めばたどり着くことが出来ます。台鐵 TRAを目指して進みましょう。

 

②台鐵の改札を悠々カードで通過します

TRAの改札を見つけたら、悠々カードで入場しましょう。改札を抜けると頭上に2つの電光掲示板(南下と北上)があるかと思います。

 

③頭上の電光掲示板(北上)で乗る列車とホームを確認する

瑞芳行きは北上(北方向行き)にあります。北上の電光掲示板を見ましょう。

この電光掲示板から、以下の方法で「瑞芳駅に停車する列車」と「その列車が出発するホーム」、「出発時間」、「列車の状態」を確認してください。

Step1.瑞芳駅に停車する列車を見つける

車種が自強号・区間車で且つ、経由が宜蘭線・北廻線である列車は瑞芳に停車します。

上の写真ですと、赤枠で囲った3本が瑞芳に停車する列車です。この列車に乗るようにしましょう。

※経由が空白な車両はすべて別の場所に行ってしまうので、注意してください。

 

Step2.乗り込む月台(プラットホーム)を確認してください。

瑞芳駅へ向かう鉄道は必ず4番のプラットホームに到着します。ただ、4番プラットホームの左右どちらに(A側かB側か)到着するかは分からないので必ず確認してください。

※島式ホームの場合、日本では1番線・2番線と表記、台北では1A・1Bと表記。

 

Step3.出発時時刻を確認してください。

電光掲示板の中で、時間の欄を見てください。何時にプラットホームに居ればいいのかを確認しておきましょう。

 

Step4.列車状態を確認してください。

晩〇分は遅延を示します。8:52発の区間車が12分も遅れていますね。自強号に乗った方が良さそうです。

電光掲示板で確認できる情報は、車次(車両番号)、開往(行き先)、車種(普通・快速・特急など)、経由(走る路線名)、月台(プラットフォーム)、列車状態(遅延情報)です。

 

④4月台(プラットホーム)へ移動します

4月台には平渓の文字もありますね。

写真は4Aですが、私は4B 09:01発の自強号へ乗車します。

※自強号へ乗る際の注意点

自強号は全席指定席ですが、立ち乗りに限っては悠々カード(普通運賃)で乗車することが可能です。

台湾人のおおらかな国民性から、暗黙のルールで空いている席に座っても良いと言われていますが原則は立ち乗りです。他のお客さんが来たらすぐに席を譲りましょう。

 

⑤列車に乗り込みます

自強号がやってきました。

立ち乗りなので一番後に乗り込みました!

このまま車両前方の電光掲示板に瑞浪(ルイファン)と表示されるまで、のんびりします。

因みに自強号にはおトイレが付いておりました。

瑞芳駅に無事到着です!

 

瑞芳駅⇒十分への行き方

いよいよローカル鉄道、平渓線へ乗り換えです。平渓線は1時間に1本間隔で運行されています。

瑞芳駅の3月台へ到着するため、連絡地下道で移動しましょう。

①地下道で3月台へ移動します

地下道で3月台へ移動します。

地下道には電光掲示板がありますので、時刻確認をしておきましょう。開往に「菁桐」とあれば、十分に停まる列車です。お次は09:58発ですね。

 

②3月台に到着した列車に乗り込みます

平渓線は電化されていませんので、今もディーゼル車で運行されています。

車内は山手線などと同じロングシートの車両と、クロスシートの車両もありました。

おトイレも完備。ローカル線なのに地味にすごい!

十分へ到着です!

到着したプラットホームに帰りの時刻表が掲示されていますので、写真を撮っておくと後々スムーズです。

悠々カードで出るときは、駅舎の横にあるこちらのICカードリーダーにタッチして清算します。

 

因みに帰る時も同じ、駅舎にあるこちらのICカードリーダーに悠々カードをタッチして乗車しましょう。

 

 

台鐵 時刻表の調べ方

台鉄の時刻表はコチラのサイトから調べる事ができます。

乗り換え検索ができないので、「台北駅⇒瑞芳駅」と「瑞芳駅⇒十分」を2回に分けて別々で調べましょう。

①サイトを開きます

上記リンクより台鉄のサイトを表示させてください。

 

②情報を打ち込みます

今回調べるのは【台北⇒瑞芳】と【瑞芳⇒十分】の時刻表です。

まずは【台北⇒瑞芳】から調べましょう。

以下の画像矢印に従って、【出発駅】【到着駅】【すべて】【乗車日】を指定してください。時間は0:00-23:59のままで大丈夫です。

そして検索です!

 

③情報を確認します

検索ボタンを押すと、台北⇒瑞芳を走る列車情報が表示されます。

非常にわずらわしいですが、以下の様に読み取ってください。

(例えば列車番号4128の区間車の場合は、列車の始発駅が樹林駅で、途中に台北駅を05:28に出発し瑞芳駅へは06:14に到着。そのまま終点の蘇澳駅へ向かいます。この列車は検索した日付以外にも毎日運転しています。)

乗車できるのは自強号と区間車です。

同じように、【瑞芳⇒十分】の区間も検索しましょう!

 

 

最後に

十分へは鉄道以外にも、路線バス・タクシー・現地ツアーなど様々な方法でアクセスする事が可能ですが、私は最も安く、景色も楽しめる鉄道がおススメです。

今は切符を窓口で買わなくてもいいので言語の心配はありません。東京の地下鉄に比べたら、かなり楽勝です。

 

十分の旅行記です。あわせてどうぞ!

十分(台北)ローカル鉄道旅|観光記

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-台湾
-

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.