マカオ

ギア要塞とギア灯台|マカオ散策

マカオと言えばカジノ! のイメージが強いですが、カジノだけではありません!マカオは世界遺産の宝庫なのです。

今回は松山市政公園と、園内にあるポルトガル植民地時代の史跡「ギア要塞・ギア灯台・ギア教会」について、ギア要塞は小高い山の上にあり、白亜な建築物と、そこから見下ろす景色は最高です!

 

二龍喉公園

いきなり松山市政公園とは違う名前の公園が出てきましたが、松山市政公園(ギア要塞)があるのは東望洋山の中腹から上です。

山麓にある二龍喉公園から遊歩道を通って松山市政公園へ向かいます。

 

松山ロープウェイ

遊歩道とは別に、二龍喉公園から東望洋山の山頂へ向けてゴンドラが動いています。

朝早くで観光客も少なく、運動したいおっちゃんたちで賑わっていたので誰も乗っていませんでした。運賃はたったの30円ほど、キャビンもゆっくり進むため景色も楽しめます。利用価値はかなり高そうですね!

松山纜車(Chong San Tram)
営業時間:8:00~18:00
定休日:月曜日
運賃:2パタカ

 

二龍喉公園から松山市政公園へ

私が二龍喉公園へ到着したのは朝、公園が市の中心にあるということもあり、園内にはランニングをしたり太極拳をしたりする方で賑わい、中国らしい光景が広がっていました。

園内は入場料の掛からないミニ動物園になっています。

二龍喉公園内にもポルトガル軍の史跡が残っています。目の前にある黄色い建築物もその一つ。

にゃあ

石畳の階段を上って松山市政公園を目指します。

 

松山市政公園(ギア要塞)

ロープウェイの山頂駅付近から撮影した景色です。山頂には特に何かがあるわけでも無く、運動スペースや遊具が広がっていました。

山頂駅では特に見るものが無さそうですので、ギア要塞・灯台・教会へ移動します。松山市政公園の歩道は朝のジョギングで賑わっていました。

 

ギア要塞 軍用トンネル

東望洋山の下にある軍用トンネルは、1930年代にポルトガル人によって建設されました。トンネルでギア要塞の各大砲に移動できるそうです。現在公開されているトンネルは長さ52メートル、私が訪れたときには残念ながら営業時間外でした。

ストリートビューで内部の様子を覗けたりします!私は行けなかったのでこれで我慢。。。笑

松山軍用隧道
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日
入場料:無料

 

ギア要塞

ギア要塞に近づいてくると、建物がそれっぽくなってきます。

要塞の側道を歩いて灯台や教会のある要塞内部を目指します。なんだか日本のお城を歩いているみたい!

本日は天候も良く、心地よい春の風が吹いています。何人かのおじさんが景色を見ながらたそがれていました。

 

ギア灯台

いよいよ要塞内に入っていきます。

何だかジブリに出てきそうな雰囲気です!

これは見張り台でしょうか?

灯台は結構コンパクト!1874年に一度嵐で倒壊したため、現在の灯台は1910年に再建されたものだそうです。

灯台の内部は非公開、現役なので仕方無いですね。

 

 

ギア教会

お隣にあるのがギアの教会です。撮影禁止なので内部での撮影は出来ませんでした。

教会の正面です。小さめな教会で中は資料館になっています。教会内の壁画は中国と西洋技術が融合されて描かれたもので、一見の価値アリです。

ギア灯台
営業時間:9:00~18:00
定休日:無し
入場料:無料

ギア教会(聖母雪地殿聖堂)
営業時間:10:00~18:00
定休日:無し
入場料:無料

 

散策を終えて

東望洋山は見晴らしが良いですね。何かを見たり感じると言うよりは、要塞・灯台・教会の外観と街の景色を楽しみながら公園を散策することが松山市政公園・ギア要塞観光の醍醐味と言っていいかもしれません。マカオへの滞在時間が短い方はパスした方がいいかもしれません。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-マカオ

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.