マカオ

マカオから九龍へのフェリーは九龍の入国審査で激混み!オススメできません。

マカオ観光を終え、早くホテルのある九龍半島へ帰ろうとマカオ⇒九龍の航路(ターボジェット)を利用しました。

しかし早く帰るはずが、九龍行きの船に乗ったがために、かなりの時間をロスしてしまうことになりました。

 

九龍行き航路で時間をロスする理由は以下の通りです。

  • 航路の運行本数が少ないが故に、待ち時間が長くなる
  • 九龍ターミナルは入国審査の窓口が少なく激混み
  • フェリー埠頭のそばに駅が無い

今回の失敗をぜひ皆さんに知っていただきたく、記事としてまとめました。

 

ターボジェット マカオ⇒九龍便

現在マカオフェリーターミナルのターボジェットのチケット売り場にいます。

先述の通り、ホテルが九龍のそばなので、九龍行きのフェリーへ乗車することにしました。

チケットを購入し、乗船時間を見てみるとびっくり!

出発時刻が18時35分となっています。現在は17時31分なので、ちょうど1時間フェリーターミナル内で時間を潰さなくてはなりません。

九龍行きは30分~60分に1本と、香港行きの15分に1本とは比べ物にならないほど本数が少ないです。

 

 

フェリーターミナルには特に時間を潰せるお店があるわけでも無いので、取り合えず出国、制限エリアへ移動することにしました。

私が乗る19時35分の便はまだ電光掲示板にも出ていません。搭乗ゲートもまだ決まらないので待合室も無く、座るベンチもありません。

30分もの間、通路に立って待つ羽目になりました。

同じ境遇の方が何名か見えます 笑

18時15分、立ち続けて45分後にようやく搭乗ゲートが決まり、待合室が開放されました。

九龍へ!

九龍行きのゲート前には空席待ちの方たちが列を成していました。1時間以上前から待機している方もいるようです。

出発時間になり、九龍へ出発!余りにも退屈で寝過ごしそうになりました 笑

大人しく15分おきに出発する香港行きを買っておけば良かったです。

ターボジェットへ乗船です!

ふむふむ。エコノミー席は横に2-3-3-3-2、スーパー席は2-2-2-2なんですね。

エコノミー室の前景です。

エコノミーシート、十分な広さです!

行きも帰りも窓側2列席へ案内されましたが、一人乗車は2列へ誘導されやすいのですかね?

船内で香港への入国カードが配られるのですが、必ず貰っておいた方がいいです。

九龍の入国審査にある記入台には、入国カードが品切れを起こし、一枚も入っていませんでした 笑

九龍へ到着する頃には夜になっていました。良く寝た!

九龍nフェリー埠頭はかなり長い!先端から入国審査へとひたすら歩きます。

 

入国審査は撮影禁止なので写真はありませんが、九龍の入国審査は夕方の混雑時なのにも関わらず、外国人用の審査窓口が2箇所しか開いておりませんでした。そのため大行列ができ、入国審査を通過するのにかなり時間が掛かってしまいました。

運行本数が多く、2社が乗り入れているマカオフェリーターミナルなら、もっとすんなり入国できたはず!

 

そして、香港へ入国した後は九龍フェリーターミナルにMTRの最寄駅が無い!この後歩いてホテルまで向かうことになりましたとさ。。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-マカオ

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.