乗船記

太平洋フェリーきそ乗船記 名古屋⇒仙台へプチクルーズ!

こんにちは!ごんたです。
先日、学生時代からの念願であった長距離フェリー「太平洋フェリー」に乗船しました。

お金の無かった学生時代からずっと大きな船に乗りたかった私にとって、10年越しの願いを叶える船旅です。乗船切符は早割り50%OFFで購入。B寝台へ\4,400で乗船です。

それでは、念願の船旅の始まりです!

 

太平洋フェリー きそ 乗船記

本日は9月、太平洋フェリーにとっては閑散期です。768名が搭乗できる「きそ」ですが、本日の乗船客数は201名、対して船内で働く従業員は40名だそうですが、やっていけるのかな・・・?笑

17:20 野跡駅よりフェリー埠頭へ!

名古屋駅から太平洋フェリーの発着場「フェリー埠頭」へは、名古屋名鉄バスセンターからバスで行く方法と、あおなみ線野跡駅からバスで向かう方法があります。

よし歩こう!

出港までの時間に余裕があったため、野跡駅から埠頭まで散歩することにしました。道中の景色は大変綺麗でしたが、景色が変わらないので結構疲れました笑

 

17:45 フェリー埠頭に到着

フェリー埠頭に到着です。

25分ひたすら歩きました。汗びっしょり。フェリーに乗ったらまずお風呂に入ろうっと

埠頭内では既に乗船する車が列を成していました。

私は徒歩なのでそのままフェリーターミナルへチェックインに行きます。

出港直前ですのでチェックインカウンターに少し列ができておりました。

カウンターに聞き耳を立てていると、当日に切符を購入する学生さん?が何人もいます。北海道大地震から数日しか立っていませんので、なかなか便が取れない様です。

この時期に予約無しで北海道とは、ボランティアにでも行くのですかね?

こちらへどうぞ~!

クレジットカードで本人確認をし、無事切符を渡されました。

こちらがフェリーの切符です。3枚綴りになっており、乗船時にもぎられ、そしてまた下船時にもぎられます。

船旅の途中で無くさないように注意しないと!

 

そのままフェリーターミナル2Fにある乗船口へ!

2F待合室を抜けて

ででん!

さっすがは長距離フェリー、おっきいですね!建造物みたいです。

客用桟橋を渡り、いよいよ乗船!ワクワクして胸の高鳴りが凄いです笑

 

18:57 太平洋フェリー きそ 乗船

きそに乗船しました!

ここは本当にフェリー船内なのか!?ってくらいの豪華さです

まずは荷物を置きにB寝台へ向かいます。2等室とB寝台は同じ区画にあるようですね。

こちらが本日の宿泊部屋箱です!

参考⇒太平洋フェリー「きそ」B寝台の乗船レビュー

 

18:03 きその船内散策開始!

長距離フェリーに乗ってまずする事と言えば、船内散策です!!船内設備やイベントの詳細については別記事でレビューする予定です。

まずはゲームセンター!

そのお隣には売店!北海道/仙台/名古屋のお土産が並びます。

後で夜食を買いに来ようかな

売店を抜け、船の中央にあるエントランスホールへ!圧巻ですねぇ。ここで記念写真を撮られている方が多かったです。

そのまま階段を駆け上り6デッキへ向かいます。6デッキには自由に寛げるラウンジやコンサートホール、レストランがありました。

そして7デッキへ、展望デッキに出ることができました。

船尾にはベンチまで置いてありました。解放感がやばいです!一体海原へ出たらどれだけ解放感があるんだ・・・。ここで夜食のパン食べることにします。

一通り船内の散歩を終え、出港までの残り時間はお風呂に入ったり公共スペースにあるソファーで過ごしました。

因みに、テーブルに置いてあるのは売店で売られていた北海道のご当地飲料「ガラナ」です。

ご当地って言葉に弱いんですよね笑

辺りもすっかり暗くなり、いよいよ出港です。係員さんが忙しくアンカーを上げていました。

ゴゴゴゴゴゴゴ

轟音と共に船体が動き出します。

 

19:10 名古屋港出港

積み込みの関係で予定よりも少し遅れての出港です。閑散としていた展望デッキに他のお客さんがゾロゾロとやってきました。

船から見る名古屋港は見ごたえありますねぇ!名港トリトンの下を通過!

名古屋港のコンテナ埠頭横をゆっくりと走っていきます。良いムードのBGMも流れ、とてもロマンチックでした!

夜景のために良いカメラ買おうかな・・・

 

どれだけ見ていても飽きない名古屋港はあっという間に過ぎていきました。船も速力を上げていきます。風が気持ち良いですね。

 

20:00 ジャズコンサート

船が名古屋港から離れたタイミングでアナウンスが流れました。「6Fデッキ ラウンジサザンクロスでジャズコンサートを行います」

タダでジャズを聴けるのであれば、行くしか無いですね!

さすがはシアターと言うだけあり、本格的で広いです。ただ船内なので、エンジンの振動で機材がずっとミシミシしているのが気になりました。

客室をなるべく増やすのではなく、こういったスペースとサービスを設ける粋な気遣いがフェリーオブザイヤーの26年連続受賞、他のフェリー会社が追随できない理由なのでしょうね。

今日のラウンジショーはJazzでした。ジャズを生で聞くのは生まれて初めてです。ゆったりしたリズムのおかげで眠くなり、あっという間の一時間でした。

その後しばらくしてシアターラウンジを覗いてみると映画を上映していました。1日の中で定期的に上映されるみたいですね。

がらーん

 

21:00 ソファーでのんびりして就寝

眠くなるまでの間、自宅から持参したティーバッグを使い給湯室でお茶を淹れ、ソファーにもたれ掛かって読書をしました。

「24時間も船の中だからきっと暇なんだろうなぁ」

乗船する前はそんな事思っていましたが、実際に乗るとお楽しみが多すぎて時間が全然足りません笑

 

明日は朝から満喫するぞ!おやすみなさい!

 

翌05:30 起床 朝風呂へ

おはようございます。朝起きて特にする事もなかったので朝風呂へ向かいます。

昨日の出向直後に入ったときよりも浴槽の湯量が少ない気がしました。浴槽内で横にならないと全身漬かれません。時間帯によって湯量を節約しているのですね。

ふ~さっぱり!髪を乾かしに展望デッキへ向かいます!航海中の展望デッキには誰もいない事が多いので、さすがに風が強いですが、結構のんびりできます。

一面が海!旅してる!って感じですね笑

今日の天気予報は雨でしたが、暫くは晴天でした。

 

14:30 太平洋フェリー すれ違いの儀

お昼ごはんを食べ終え、ベッドでごろごろしているとアナウンスが入りました。
「まもなく、姉妹船いしかりとすれ違いを行います。展望デッキへどうぞ」

そそくさと展望デッキへ向かいます。

今回は生憎の雨、船上で傘を挿してはあっという間にコウモリなので煙突の後ろで雨をしのぎながらすれ違いを待ちます。おっ!左前方から見えてきました!

いしかり「ボオオオォォォッ」
きそ「ボオオオォォォッ」

警笛鳴らしてくれるんですね!雨に打たれながらも待った甲斐がありました。

 

14:45 ミニコンサート

姉妹船のすれ違いが終わった直後、再度すかさずにアナウンスが入りました。
「レストランタヒチの横にてミニコンサートを開催します。」

お楽しみがいっぱいで忙しいです!

レストラン「タヒチ」のカウンターに座り、読書をしながらジャズを聞かせていただきました。

 

15:30 展望デッキで仙台港ウォッチング

仙台港が見えてきました!本日の仙台港は船の行き来が多く大混雑だそうで、時間調整のため20分早い入港です。

 

混雑の仙台港ではタグボートが頻繁に行き来しています。

タンカーをタグボート5隻で押していました。コガモみたいでなんだか可愛い笑

人馴れしたカモメ達も寄ってきます。

 

北海道大地震が発生してからまだ4日ですので、北海道との物流交通網がマヒしている今、太平洋フェリーは北海道と本州を繋ぐ生命線なのでしょう。そのためか、この先の仙台から北海道へは多くのお客さんや車両が載せられるそうです。

 

16:10 仙台港へ接岸

ふと船尾を見ると、係員さんが接岸作業を始めていました。

船からロープを投げ、トラックにくくりつけています。

も・・・もしや!?トラックで船を引っ張るのか・・・!?

トラックがものすごい勢いでバックを始めました。

!!!

そんなワケは無く、トラックがバックした先にあった鉄の杭にロープを引っ掛け、船上にある巻線機でロープをたぐり寄せながら接岸しました。

 

16:20 仙台港へ上陸

下船チケットを渡し、仙台港の旅客ターミナルへ向かいます。窓を覗くと・・・・・・

あれ?

岩手県警のパトカーがいっぱい止まり、警察の方が何やら打ち合わせをしています。北海道での交通整理の応援ですかね、お疲れ様です。

 

じっくり本も読めるし、お楽しみイベントも頻繁に開催してくれるしで飽きることの無い、あっという間で楽しい船旅でした。

今度は北海道まで行っちゃいたいな!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-乗船記
-

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.