台湾

台北一人旅行記|グルメと買い物三昧の3泊4日③

今日は忙しいですよ~!

まずは雙連朝市で朝食です!

 

07:55 雙連朝市

平日なので、これから働きに行く方で賑わっていました。

一個買い出来るものを適当に色々つまみ、エネルギーチャージです!

 

 

08:40 行天宮へ

朝食を済ませ、雙連駅からMRTで行天宮へ移動します。

行天宮は三国志で有名な関羽を祀っているんですって!

雨の平日にも関わらず、結構な人で賑わっています。

おみくじやってみようかな~。。

やっぱ一人でやるのは恥ずかしいな。。

 

お次は路線バスを乗り継いで忠烈祠へ向かいます。

 

09:20 忠烈祠

おや?何だか人だかりが。

ちょうど衛兵の交代式が行われていました。一糸乱れぬ更新と、タップダンスの様な軽快な靴音、銃を空中へ放り投げてぐるぐる回しています。まるで曲芸ですね笑 スゴイです!

奥田民生さんの「さすらい」のPVが台湾で撮影されており、当時の衛兵交代式も写っております。今と見比べると昔は・・・?

いやはや、中正記念堂に比べ人も少なく良かったです!

それにしても広いですね。

お参りをしたのち、今度はバスで迪化街へ向かいます。

 

10:05 迪化街

雨が止んだ!

迪化街は年季の入った建物が多く、タイムスリップをした気分になります。

ドライフルーツや漢方を取り扱う問屋が数多く立ち並び、街の端へ行けば行くほど安くなる傾向がありそう。

私はこちらのお店でドライグアバを買いました。

ドライマンゴーは食べ飽きちゃった・・・笑

問屋街という事で、生地屋さんも数多くありました。

手芸が好きな方はかなり楽しめますね!

 

こんな変なお店も。なんだかゲームの世界みたい笑

 

暫くの間、迪化街を散策していましたが小腹が空いてきました。栄養補給しましょう!

涼麺と言うものを始めて食べてみました。

パサパサな麺に油とニンニクがいっぱい掛かり、最初は何とか食べれたのですが徐々に吐き気が・・・

台湾で初めてごはんを残しました。店員さんごめんなさい。。

 

お口が一気にニンニク臭くなってしまった!

一旦ホテルへ戻り、朝市で購入したものを食べて体勢を立て直し、九份の玄関口、忠孝復興站へ向かいます。

 

12:30 忠孝復興站

九份行きのバスが停まる忠孝復興駅にやってきました。

バスの列へ並ぼうとすると、乗り合いタクシーのおっちゃんが客引きをしてきます。

「キューフン?キューフン?」
「おいくら?」
「300元!」
「タクシーは後何人で出発する?」
「あと4人です!」
「じゃあいいや!」

そんなこんなでバスを待っていたのですが、平日なので運行本数は20分に1本ほど、ちょうど今さっき出発したばかりの様です。

「お兄さんあと一人になったよ!」
「250元なら乗る!」
「300元安いじゃん!」

楽しいくだりをしながら、タクシーに乗ることにしました。タクシーの方が20~30分早く着くんですよね。

高速を快走です!

あっという間に九分に到着!でも最初に金瓜石行こうとしてたんだった。。。

ん~。。歩いて行こ。。

何だか日本の山間部を歩いているみたいです。

 

14:00 金瓜石を周遊観光

金瓜石周辺の黄金瀑布、十三層遺址を観光するときは、瑞芳駅からタクシー5000円近いタクシー料金で周っていくのが定番ですが、今回はかなりマイナーな周遊バス「891系統」を使って巡っていきます。

このバスは鹿児島県の桜島を走る路線バス「サクラジマアイランドビュー」と同様のシステムで主要観光スポットで数分停車をしてくれ、40分ほどで金瓜石周辺を一気に観光することが出来ます。お値段はなんと・・・途中下車をしてもたったの15元(50~60円)です。。。

マイナーすぎて客は私一人でした(爆

英語も日本語も通じない運ちゃんと、グーグル翻訳を使って雑談をしながらの周遊です。

「日本で台湾の事を台湾と言う」と言ったらとっても驚いていました。

 

景明亭

まず最初に立ち寄ってくれたのが景明亭。バスはこの先のバス停で折り返してくるので帰りに拾ってくれます。

 

黄金瀑布

お次は黄金瀑布です。沢山のタクシーが停まる中、私は貸し切りバスから降りて悠々と撮影タイムです笑

 

十三層遺址

極めつけは日本統治時代の鉱山跡、十三層遺址です!

九份は千と千尋の神隠しならば、ここは天空の城ラピュタですね。

当時の労働者は大変だったろうに・・・

本当にラピュタ感が凄いです。写真に写るすべてが廃墟です。

九份よりも流行っても良いと思うんだけどなぁ

 

14:45 黄金博物館

zzZ・・・

大満足な周遊観光を終え、黄金博物館へ向かいます!

このエリアは日本統治時代の建物が多く残ります。ならばいっそ全体を博物館にしてしまおう!と言う、大胆な発想の博物館です。

九份とは違い、日本人観光客は殆どいません(JTBのツアー客くらい)。韓国人観光客で賑わっていました。

 

あれ・・・?ここ台湾だよね?

まずは四連棟の和式宿舎、博物館のチケットで入れます!

旅館の一室みたい笑

日本家屋そのものですね。

お次は軌道を進んで黄金館を目指します。

黄金冠の周辺には、かなり巨大な当時の送風機が置かれていました。

写真を撮ろうと近づいたら逃げられてしまった!!

そして黄金館、鉱山での作業内容や金の装飾品、そして当時の手記などが展示されています。

金瓜には戦争捕虜(イギリス・オランダ人等)の収容所もあり、詳しい展示内容は控えますが、我々が日本で教わらない/教えられない内容です。

そして黄金館の大目玉!実際に触れる金塊です!

列が凄かったので横から眺めてました笑

 

お次は坑道跡をお散歩、別料金(50元)ですが楽しいです!

坑道内はなぜか私一人、人形が地味にリアルでちょっと怖かった笑

最後は金瓜石神社、鳥居が残ってました!

本殿は終戦後取り壊されてしまいましたが、基礎は今も残っていました。そして絶景です。

金瓜石神社で手を合わせた後、九份へ出発です。

 

16:35 九份

九份老街へやってきました!

前は遅くに行き過ぎて提灯だけが灯るシャッター街でしたので、リベンジです。

アイス春巻きに

サツマイモのシュークリーム

そして今年もやってきました阿妹茶楼、目の前の階段は大渋滞です!

一方通行にした方がいいんじゃ・・・笑

前回は阿妹茶楼でお茶を飲んだので他のお店に行こうとしたのですが、どこも2000円は掛かりそう・・・結局一番安かった阿妹茶楼に落ち着きました。

やっぱりテラス席が一番良いですね。風が心地いいです。

 

お茶を飲んだ後は夜景の見えるお店で台湾スイーツです!

う~ん、甘い!

帰り際、明日の朝食用に草餅を買い、台北市内へ帰ります。

 

19:54 饒河街観光夜市

九份からバス(1062系統)で饒河街観光夜市へ直行です!

饒河街観光夜市をぶらつく前に・・・夜市の隣を流れる河に掛かるレインボーブリッジ(彩虹橋)を散策!

結構ムードのある橋ですね。黄昏ちゃいます。

因みに夜市では、大好物の仙草ゼリーや

牛肉麺をいただきました。スープをグツグツ煮込んでてむっちゃ美味しそう!

美味しかった!

 

まだ時間あるな・・・象山でも登るか!

バスで台北101の真横まで移動をし、象山を目指します。

 

21:45 象山展望台

夜の象山、ちょっぴり不安でしたが結構人いました。女性一人の方もいたので驚きです((

街頭がしっかり整備されているので懐中電灯無しで登れます。

う~ん、やっぱり綺麗ですね!でも急いで登りすぎて・・・さっき食べた物が・・・笑

山頂でずっと息切れをしていたのですが、同じくずっと息切れをしている人がいました。

国は違いますが何だか波長が合い(肉体疲労言語ってやつですね!)、声を掛けてくれ、下山して駅に着くまでの間、一緒に楽しく帰りました。

出会ったばかりなのに飲みかけのジュースを「飲む?」と手渡されたときはジェネレーションギャップを感じちゃいました。いい思い出だぁ

 

最後にスーパーへ立ち寄り、茶芸店で食べて美味しかったお茶請けを買ったりしてホテルへ。

これ、加工品だから日本に持ち込み大丈夫だよね・・・?

 

4日目最終日は飛行機に乗るだけなのではしょります!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-台湾
-,

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.