香港

香港でのSIM設定方法|日本で買った中国移動通信の場合

香港のSIMは現地で購入売るよりも日本で購入したほうが安いと言われていますが、日本でSIMを購入してしまうと、現地で自身の手で初期設定(アクティベート)を行わなくてはなりません。

うまく設定ができるか心配で、なかなか購入に踏み切れない方も多いのでは無いでしょうか?

 

私もその一人、香港で買おうか日本(Amazon)で買おうか迷っておりました。最終的には日本のAmazonで購入した中国移動通信(China mobile)のプリペイドSIMを利用したのですが、機械音痴の私でも、とっても簡単に設定できました。

このページでは、香港のプリペイドSIM(中国移動通信)の初期設定方法と、実際に使用してみてのレビューを紹介させていただきます。

 

購入したSIMは中国移動通信 香港4日間プラン

私が今回購入したのはChina Mobile(中国移動通信)の4日間香港プランです。日本国内でAmazonを用い、¥1,000未満で購入しました。

数あるSIMカードの中から中国移動通信を選択した理由は、Amazonで販売されている香港で使えるプリペイドSIMの中で最も安かったからです。そして中国移動通信は中国最大手の通信キャリアであり4Gにも対応しているため、回線速度・通信網も安心です。

 

中国移動通信 香港SIMの発送時間(Amazon)

Amazonにて2月13日に注文、2月15日に封筒で郵便受けに投函されました。プライム商品ですからAmazonの国内倉庫から直接発送です。遅れることなく届きました。(販売業者は株式会社ワイズソリューションズ様)

中国の商品って注文してから1ヶ月くらい発送遅れるときありますもんね。。。

 

中国移動通信 香港SIMの封筒の中身

プリペイドSIM(nano/micro/標準の3サイズ)と設定手順書が同封されていました。

設定手順はApple/Android両方記載されています。安心ですね。

SIMカードには有効期限が定められており、その日を過ぎると例え使用していなくても無効になってしまう様です。私の購入したプリペイドSIMは2018年12月31日まで有効でした。購入日から10ヶ月以上あるので余程問題ないかと思います。

プリペイドSIMカードの裏面にも有効期限が記載されていますので確認してみてください。

 

 

 

香港SIMの使用期限は香港にて電波を受信後~

設定手順書に記載されているのですが、香港にて電波を受信後(アクティベート後)4日間(96時間)有効です。

香港国際空港の荷物受取所で荷物を待っている間に交換すれば、良い時間潰しになるかと思います。

 

 

中国移動通信 香港プリペイドSIMでの通話について

LINEがデータ通信で使えますから電話を使う機会は少ないと思いますが、こちらのプリペイドSIMでは香港国内へのみ、90分間追加費用なしで通話をすることができます。

電話番号は8ケタでプリペイドSIMカードの裏面に記載されています。私の場合は「56044XXX」でした。

 

APN設定(通信設定)の方法

説明書にAndroid端末の場合とiPhoneの場合の説明がそれぞれ記載されているため、特に困ることは無いと思います。

私はAndoroid端末"Huawei P9"を利用しているのですが、現地香港でSIMカードを挿入しただけで自動でAPN設定がなされ、取扱説明書に記載されている設定をすること無くそのまま通信可能になりました。

 

因みに

APN設定が完了し通信が出来る状態になると、中国移動通信からSMSが大量に送られてきます。Google翻訳で訳すとSIMの延長方法などの説明でしたので余り気にしなくて大丈夫です。

 

中国移動通信の香港SIMを使用してみて、レビュー

ここからは、実際に香港でSIMを利用してみての感想です。

通信速度について

詳しい通信速度は測っていませんので分かりませんが、インターネット閲覧で回線が遅くなりイライラすることはありませんでした。常に快適です。

 

通信エリアについて

香港国内では、ヴィクトリアピークから少し外れた場所にある登山道で一時(5分程度)圏外になりました。それ以外の地域では常にアンテナMAXです。

 

マカオでは使えるのか

Amazonの説明文で書かれている通り、マカオでは使えませんでした。マカオでも回線を利用したい場合はマカオでも使えるSIMをAmazonで購入するか、現地で購入しましょう。

香港のSIMはAmazonで|買い方と設定をご紹介!

 

香港SIMを利用するにあたっての注意点/必要な物

SIMピンが必須・・・中国移動通信のSIMカードにはSIMピンは付属していませんでしたので、別途用意して現地へ持って行くようにしましょう。忘れると利用できなくなってしまいますからね。

日本で使用しているSIMの保管ケース・・・日本国内で使用していたSIMカードは必ず無くさないようにしましょう。かなり小さいですのでセロハンテープなどで、厚紙に固定すると良いかもですね。

SIMフリー/ロック解除のスマートフォンを用意・・・キャリアのSIMロックが掛かっていると利用することが出来ません。ロック解除かSIMフリーのケータイを用意しておきましょう。

iphone利用の場合はApple ID,パスワードを用意・・・Apple製品はSIMを切り替える際にApple IDとパスワードを聞かれます。覚えていないと使えませんのでご注意ください。

 

最後に

私自身、日本で海外のSIMを購入したのはこれが初めてでした。本当に現地で使えるのかな?回線は遅くないのかな?など不安な事が多かったですが、実際に使用してみて全く問題無かったです。

かなり気楽に購入・使用でき値段も良心的ですので、また香港へ行く機会があれば利用しようかと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-香港

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.