日本

LA京都 ゲストハウスイン宿泊記| ビジホより快適です

「周囲のいびきが・・・」「知らない人と同室なんて・・・」

神経質でコミュ障な私にとって、「ゲストハウス」と聞いた時点で宿泊候補から排除してしまいがちですが、今回宿泊した「LA京都 ゲストハウスイン」は、広々とした清潔な個室で、安い・快適・清潔をすべて兼ね備えた素晴らしいゲストハウスでした。

LA京都へ宿泊をしたのは年末の正月休み、大晦日を控え、京都が大賑わいしているタイミングです。

「さすがに年末正月休み、どこもプレミア料金かなぁ・・・」

ダメ元でBooking.comで調べてみると、一泊¥5,340(2名分1室料金)で宿泊できるホテルを見つけます。

「年末なのにまじか・・・レビューも良いし、ここにしよう!」

それではLA京都、宿泊記のはじまりです!

 

LA京都の場所

LA京都は京都市南区、京都駅の南側にあり、京都駅より徒歩圏内の場所にあります。

更に目の前の143号線には東山方面へ直行できるバスが走り、観光をするには好立地と言えましょう。

 

LA京都 宿泊記

LA京都はGoogleMapを見て行けば迷うことは無いかとは思います。こちらがゲストハウスイン京都 LA京都の入り口です。

外観は本当にただのマンションですね笑

中に入るとエントランスには自販機が設置されています。夜間に喉が乾いたとき、外に出なくて良いのは助かりますね。

チェックインは10時まで可能ですが、午後5時を過ぎるとチェックインカウンターは無人になります。

カウンターにあるインターフォンでスタッフさんを呼び出しましょう。因みにチェックアウトは午前11時まで、遅くまで居られますね!

チェックインカウンターから宿泊エリアへはまさかのセキュリティゲートがありました。

受け渡されたお部屋の鍵を差し込んで、ゲートを通過します。

エレベーターでお部屋のあるフロアへ移動。館内は全室禁煙みたいです。

こちらが廊下、マンションをゲストハウスにリノベしたのですかね?

玄関にはゲストハウスらしい注意書きが、それでは中へ!

 

施設・設備

鍵を開け室内に入ると、充実した設備が揃っていました。洗濯機が一室づつに付いている様です。

レンジに冷蔵庫、シンクにコンロ、ケトルまで、ビジネスホテルとは比較にならないほど充実しています。

 

お部屋について

今回宿泊したのはダブルベッドが2つあるお部屋です。2人の宿泊費合計が年末の京都に宿泊で¥5,340なんですから、とんでもないほどに恐ろしいコストパフォーマンスです。

この時期に同等な設備を備えたホテルに泊まろうとすれば、確実に3万円は超えますよね。

お部屋はとっても清潔で、お部屋だけを見ると3つ星、いや、4つ星ホテルに肩を並べるクオリティです。

布団はフカフカでした。しっかり毎日洗われているようです。

たまに安いホテルに泊まると、布団がかび臭いんですよね。。。

 

他にも飲食ができるダイニングテーブルに

テレビだけでなく、パソコンも閲覧できるOAデスクもあります。

室内は当然、冷暖房も完備です。

クローゼットにアメニティでタオルまでついています。

 

水回り

お次は水回り、リノベしたばかりなのかな?ピカピカでした。

トイレとお風呂は別空間で、ウォシュレットまで付いており、洗面台にはアメニティの歯磨きセットが置かれていました。

ドライヤーもありましたよ!

お風呂は御覧の通り、浴槽とシャワー付きで、最高温度はキッチンの横にあるパネルで調整できます。

そしてシャンプーリンス、ボディソープが付いています。

 

晩御飯は京都駅へ食べに行き、朝食は京都駅でお寿司を買いました。京都駅が近いと何かと便利ですね。

買ったお寿司は¥190でした。

原価割ってない?笑

 

これだけ設備が充実しているのに、ゲストハウスと名乗るのは非常に惜しい気がしますね。

宿泊客はほとんど海外観光客でしたので、余り日本では宣伝していないのかな?

何にせよ、また二人以上で京都へ行く際は利用したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-日本
-,

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.