雑記

私が海外でのプリペイドSIM契約を勧める理由

海外でスマートフォンが使えると便利ですよね。現在では日本国内で契約を行い、現地で使用することが主流であるかと思いますが、私が海外でスマートフォンを使用した経験上、海外でのプリペイドSIM契約をお勧めしております。このページではなぜ国内契約でなく、海外契約の方を勧めるかを記述して行きます。

 

国内での契約は安心・簡単という良いイメージがあると思いますが、私はこんなデメリットがある思っています。

国内契約のデメリット

値段設定が高い

・料金が一日単位で発生する。(数日の滞在で日本での月額料金と変わらない額に)

・ルーターに関しては盗難・故障した場合に弁償が必要。

・国際ローミングの場合、設定をミスれば高額請求。

 

意外と面倒

・国内キャリアHPの国際ローミングの説明が難しい。(私は理解力が無く、1時間掛けても理解できず諦めました)

・国際ローミングの場合、当日に個人で端末の設定が必要。

・ルーターの場合、ネットで会員登録をして、ルーターを申請して、郵便で受け取って、郵便でまた返して・・・

国内での契約はお手軽なんかではなく、結構面倒だと思っております。

 

国内契約は高くて契約が面倒臭いんです。

 

 

海外でプリペイドSIM契約のメリット

それに対し私が勧める海外で契約するプリペイドSIMメリットですが、

 

値段設定が安い

・日本で契約した料金の半額以下で済んでしまう。

・観光客向けのプリペイドなので、払いっきりで高額請求が無い。

 

意外と簡単

・空港で契約をすれば店員さんも観光客慣れをしており、英語がほぼ不要。(提示されたプランを指で挿すだけ)

・セットアップを全部店員さんがやってくれる。

・"SIMフリー端末"と"パスポート"、"クレジットカード"もしくは"現金"があれば契約出来る。

今まで3か国に赴きましたが、英語のしゃべれない私でも5分以内に契約とセットアップを済ませることが出来ています。

 

無論、海外でのプリペイドSIM契約にもデメリットはあると思います。"現地空港の店員さんが観光客に慣れていなかった"、"深夜便で現地のキャリアが営業時間外" 等々、実際に私が飛行機の遅延でマレーシアに臨時入国した際、現地キャリアのお店は既に閉まっていました。

 

しかし、海外で契約した方がメリットが大きいと私は確信しているため、私は海外でのプリペイドSIM契約をお勧めしております。

 

2017/8/20更新

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-雑記

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.