日本

溶岩なぎさ公園と遊歩道散歩|ねこの多い幸せスポットです!

鹿児島の市内観光で欠かせないのが桜島。

でも、桜島って何があるのか、いまいちピンと来ませんよね。

今回紹立ち寄った「溶岩なぎさ公園」と「溶岩なぎさ遊歩道」は、桜島港から徒歩圏内にあります。そのため、車無しの鹿児島旅行でも気軽に立ち寄れる、おすすめな観光名所です。

「溶岩なぎさ公園」と「溶岩なぎさ遊歩道」の魅力はさっくり以下の通りです。

  • 全長101m!日本一長い足湯
  • 錦江湾(鹿児島湾)を一望
  • 溶岩を間近に見られる
  • ネコがいっぱい!

それでは散策スタートです!

 

溶岩なぎさ公園

溶岩なぎさ公園へは桜島港から徒歩7分という好立地、見所は何といっても足湯!

朝の9時から日没まで、時間を気にせずに楽しめます。帰り際に立ち寄ると良いですね。

おおぉ!長い長い!

こんな足湯がずーっと101m続いています。

足湯の一番端は海を望むデッキ、天気のいい日には、時間を忘れて日向ぼっこしていたいですね。

足湯は当然温泉、桜島から湧き出る濁り湯です!

写真を撮る観光客、漫画を読む地元の方、様々な国・地域の方が同じ足湯でのんびりしていました。

なんてグローバルな足湯なんでしょう!笑

 

溶岩なぎさ遊歩道

溶岩なぎさ遊歩道は、溶岩なぎさ公園から鳥島展望所まで延びる、全長3kmの平坦な海岸沿い遊歩道です。

自転車でも走行可能な遊歩道ですので、体力に自信の無い方はレンタサイクルの利用がお勧め!

溶岩なぎさ遊歩道は名前の通り、大正の大噴火で流出した溶岩を観察することが出来ます。

溶岩と聞くと、ドロドロな赤色をイメージしがちですが、所詮は岩なので固まってしまえば岩の色。

噴火によって荒廃した台地は年月が経ち、徐々に緑化が進んでいます。

荒廃した台地に生える木は松だそうで、遊歩道には松の木がずらり!

溶岩の上に松の木が生えています。生命の力強さを感じますね。

遊歩道沿いには面白い形をした溶岩もあり、私はネコの様な岩を見つけました!

猫岩(勝手に命名)は遊歩道の途中にある、3つのベンチが並んだ休憩所のそばにありました。良かったら探してみてください!

溶岩で出来た大地ですから、海岸沿いも溶岩尽くしです。

浸食があまり進んでいないからか、起伏の激しい海岸線ですね。

遊歩道の途中には展望台もあり、山を見ても海を見ても絶景!

 

 

 

 

 

それと、遊歩道には句碑が点在しています。

こんな感じ。

 

 

火山灰では無いかと思いますが、遊歩道を歩くと足元で砂煙が舞って面白かったです笑

 

以上、溶岩なぎさ公園でした!

 

溶岩なぎさ遊歩道はネコ尽くし!

溶岩なぎさ遊歩道はとにかくネコが多い!

すべてではありませんが、道中で出会ったネコたちを紹介します!

 

トットットッ

ニャンダヨ

こんなところにもネコ

猫グループ

他の猫から縄張りを守るボスネコたち

ニャ二見てんだよ!

こんにちにゃ~

日向ぼっこはもうおしまいにゃ

またね!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-日本
-

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.