日本

サクラジマアイランドビューで桜島観光、大混雑です!

車無しの鹿児島市内旅行、まず最初に向かったのは桜島です。

車無しで桜島を観光するためには、徒歩・レンタサイクル・現地バスツアー・路線バス・タクシーの4つの方法があるのですが、今回私は路線バスのみを利用して観光をしてきました。

なぜ路線バスでの観光を選んだのかといいますと・・・徒歩や自転車で桜島を周るのはしんどい!現地バスツアーも1800円と安いけど、1800円あれば2日間の市営交通機関乗り放題券「キュート」が買えてしまう!そんな感じです笑

そんなわけで、2日乗車券「キュート」を利用して桜島路線バスの旅をしてきました。

※CUTEは桜島フェリーターミナルの窓口で購入できます

 

桜島観光で、まず最初に乗車した路線バスが「サクラジマアイランドビュー」

「サクラジマアイランドビュー」は桜島島内を走る観光に特化した市営バス路線で、島内の主要観光名所を1時間掛けて巡回、更に複数の観光名所に数分間停車し、観光の時間を設けてくれています。そのため車が無くても非常にスムーズな観光をする事が出来ます。

因みに数分間停車してくれるバス停は以下の通り。

  • 鳥島展望所:5分
  • 赤水展望広場:8分
  • 湯之平展望所:15分

それでは、サクラジマアイランドビュー観光記の始まりです!

 

11:10 よりみちクルーズで鹿児島へ

毎日11:10に運航されている「よりみちクルーズ」で50分のプチクルーズを楽しみながら桜島へ向かいます。

運賃500円ですが、これもキュートで乗れました。

よりみちクルーズに関してはこちらの記事をドウゾ!

https://sekaitravelist.com/sakurajima_ferry/

 

12:00 桜島港⇒サクラジマアイランドビューバス停へ

サクラジマアイランドビューは「よりみちクルーズ」の到着時刻と時間接続しています。

ありがたや!

桜島港のフェリーターミナルへ到着したら、ビジターセンターや道の駅がある方の出口から外へ出ます。

フェリーターミナルを出てスロープを下ると、バスのりばの案内がありました。

サクラジマアイランドビューの乗り場は道路を挟んで反対側だそうです!

逆光で見づらいですが、これがカゴシマアイランドビューのバス停。

看板もあるため、迷わないかと思いますが・・・

見てください、この長蛇の列!

こんなにバスに乗れるの・・・?次のバス1時間後なのに・・・笑

 

暫くするとバスがやってきました。

さあ乗り込めええぇ!

バスは混雑時には増便する様で、3分後に次のバスがやってきました。乗れずに1時間待ちぼうけって事は無さそうですね。

 

12:19 鳥島展望所

最初にバスが長時間停車するのが鳥島展望所、5分間の停車です。

バスは下で待っていてくれています。

一番乗りだあああ!

鳥島は元々小島だったんですって、大正の大噴火で桜島に飲み込まれたんだそうです。

火口からこんなに離れているのに島を飲みつくすなんて、やばいですね。

昔の鳥島は砲台だったとか・・・

少し余裕を見てバスへ戻ります!

 

12:27 赤水展望広場

2番目にバスが立ち寄るのが赤水展望広場、かつて長渕剛のオールナイトコンサートが行われた場所だそうで、現在は記念碑が建っています。

オールナイトコンサートの動画を見たのですが、熱気が凄いですね笑

当時はこの広場一面が熱気の渦に包まれていたのですね、今では想像が付きません。

それではバスへ戻ります!

先発車から後続車へ移る人も増えてきて、だいぶ空いてきました!

バスは海岸沿いを後にし、どんどんと山道を登っていきます。

 

12:50 湯之平展望所

3か所目、最後に立ち寄る湯之平展望所には15分の停車です。

島内を見ても絶景!

島外を見ても絶景です!

鹿児島湾は桜島のカルデラだったんですね!確かに湾の周りに小高い山が連なり、それっぽいかも。

 

湯之平展望所には展望台はじめ、お土産屋もあり、だいぶ観光を満喫できました。

早めにバスに戻って座ろっと

 

13:15 桜島港へ到着

ちょうど1時間、乗車した桜島港へ到着です!

路線バスですが、観光バスツアーの様な濃い旅ができました。

 

サクラジマアイランドビューの次は、黒神埋没鳥居へ市営バスで向かいます!

このお話の続きは旅行記でどうぞ!

鹿児島|車無し1泊2日一人旅行記①桜島観光

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-日本
-, ,

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.