タイ

スクンビットスイーツホテル 宿泊記 アソーク駅から直結です!

タイ バンコクへ旅行に行った際、Sukhumvit Suites Hotel(スクンビットスイーツホテル)で三泊しました。

このスクンビットスイーツホテルはタイへ何度も出張に行っている
職場の先輩がオススメするホテルです。

このホテルのどこがオススメなのかですが、まずはその立地!

タイの渋谷駅前交差点と言っても過言ではないアソーク交差点の一角にあり
MRTとBTSが交わるアソーク駅からも直結しています。
バンコクで最も完璧な立地と言っても過言では無いかもしれません。

宿泊料金はタイにしては少々高いですが、周辺のホテルと比較すると破格な宿泊料金です。
二人で泊まれば日本のビジネスホテル以下の値段で泊まれます。

このページでははタイの3つ星ホテル スクンビットスイーツホテルを宿泊記形式で紹介させていただきます。

 

 

Sukhumvit Suites Hotel(スクンビットスイーツホテル)の場所

スクンビットスイーツホテルはバンコクの一等地、アソーク交差点の一角にあります。
BTS「アソーク駅」とMRT「スクンビット駅」から徒歩1分以内、屋根で直結しているという
これ以上無い好立地です。

手前にある空中回廊がBTS「アソーク駅」、
その後ろにあるシルバーの建物がスクンビットスイーツホテルです。

スクンビットスイーツホテルの1Fはバーになっており、
チェックインカウンターは2Fにあります。
橋脚の下、バーの横にある入口から中へ入り、
エレベーターを使ってチェックインカウンターのある2Fへ移動します。

 

ホテルロビー チェックインカウンターの様子

チェックインカウンターは広くは無いですが、
椅子が複数備え付けられており、複数人で滞在したときの待ち合わせ場所にもってこいです。

ロビーで荷物を無料で預かってもらうことも可能です。
引き換えカードを渡してくれますので、なくさないようにしましょう。。

 

宿泊部屋へ!

お部屋の鍵はカードキーで、外出する際に返却する必要はありません。
チェックアウトまでの間、財布の中にしまっておきます。

エレベーターで宿泊ルームへ向かいます。
エレベーター内にあるセンサーにカードキーをかざさないと
宿泊階を選択できませんのでご注意ください。

 

宿泊部屋(ダブルベッドルーム)について

今回宿泊したのはダブルベッドのお部屋です。
とてもモダンな作りです。

窓からはスクンビット駅の空中回廊が見えます。
着替えるときはカーテン閉めるのを忘れないようにしなきゃですね!

机と椅子、冷蔵庫、そしてテレビがついており、テレビはNHKも写りました。

 

トイレ/シャワーについて

トイレは衛生的で水洗です。東南アジアの高級ホテルに良くあるタイプです。
トイレットペーパーももちろん付いており、流石にウォシュレットは付いていませんが
トイレ事情を心配する必要は無さそう。

シャワー室はトイレとガラス扉一枚で隔離されています。

 

 

アメニティについて

バスタオル・ハンドタオル・ドライヤーはありますので、持参しなくても大丈夫です。

シャワーに必要な石鹸やボディーソープ、リンスーシャンプー、そして歯ブラシセットも一通りありました。

ガウンや髭剃り、クシはアメニティとして置かれていませんでしたので、
夜寝られる服装と髭剃りは持っていったほうが良さそうです。

 

最寄のコンビニについて

徒歩3分の場所に24時間営業のファミリーマートがあります。
大通り沿いにあるコンビニですので、
夜に必要なものが出てきたときに重宝しそうです。

 

睡眠環境について

ホテルの目の前には交通の要所「アソーク交差点」があります。
当然深夜になっても交通量は多く、故にクラクションが頻繁に聞こえてきます。
何度か起こされてしまいました。そして耳栓を使う羽目に・・・

変わりに心配していたBTSの走行音や隣の部屋の音は聞こえません。

よって、あまり眠りにつきやすい環境ではないと言ってもいいかもしれません。

 

 

 

交通の利便性を取るか、静寂を取るか、難しい選択ですね。
私は田舎住みなので気になりましたが、都会っ子の方は気にならないレベルなのかもしれません。

因みにこのホテルの予約は楽天トラベルからできました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-タイ
-

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.