乗り物のこと 搭乗記 タイ

JAL JL737便 中部⇒バンコク エコノミークラス搭乗記

今回はJALカードで貯めたマイルを利用して
中部国際空港からバンコクへ旅行に行ってまいりました。

タイにはトヨタの関連企業がいくつもあります。
そのため中部国際空港ことトヨタ空港からしてみれば
バンコク便は安定した路線のハズです。

しかしながら中部国際空港からバンコクへは
スターアライアンスのタイ国際航空も毎日運行しており、
JAL便には行きも帰りも空席が目立っていました。

今回は中部国際空港発、バンコクのスワンナプーム国際空港行きのJAL JL737便について
搭乗記という形で紹介させていただきます。

 

JAL JL737についてご紹介!

中部国際空港⇔スワンナプーム国際空港を行き来する便は
各方面1便ずつ、合計2便だけです。

搭乗便名 出発⇒到着 時間
JL737 中部国際空港⇒スワンナプーム国際空港 10:30⇒14:15(昼行便)
JL738 スワンナプーム国際空港⇒中部国際空港 00:25⇒08:00(深夜便)

使用機材は両者ともにBoeing 787-8、タイと日本の時差は2時間ですので6時間ほどのフライトです。

JAL JL738については別の記事で紹介させていただきます。

 

中部国際空港にて

少し早めに家を出て、サクララウンジに入り朝食を摂ります。
ラウンジでは非日常が味わえるので、私の旅行の楽しみの一つになっています。

セントレア 国際線JALサクララウンジ体験記

お腹いっぱい!いよいよバンコクへ出発します。

 

 

JAL JL737 中部⇒バンコク エコノミークラス搭乗記

優先搭乗で誰もいない機内の写真を撮るつもりが出遅れてしまいました。

これが今回搭乗するJALのBoeing 787-8です。

 

JAL JL737 エコノミークラスの座席について

座席は国際線によくある窓側2列、中央4列の配置です。

シートは1世代前のRECRO製エコノミーシートですね。

横から見たシート間のピッチです。

足元はかなり余裕、前の人が座席を倒しても膝がぶつかる心配は無さそうです。

気になるシートの幅ですが、中肉中背の男性が座ってもこの隙間です!

背もたれにはヘッドレストが付いており、好みに合わせて上下できます。

機内には空席が目立ちます。
エコノミークラスで左右が空席と言ったエコノミービジネスな方も大勢いました。

 

JAL JL737 エコノミークラス アメニティーについて

枕とブランケットが全席に事前に置かれていました。
機内では体が冷えることがあるのでブランケットはありがたいです。

それとトイレに使い捨ての歯ブラシセットが置いてありました。
空港に着いたらトイレで磨こうっと

モニターやUSB充電器もしっかり完備!

 

さあバンコクへ向けて離陸です!

 

JAL JL737 機内食について

機内食は、おつまみとお昼ご飯が提供されました。

シートベルトのサインが消えた後、すぐに飲み物とあられミックスが提供されます。

しばらくして昼食が提供されます。

牛丼かカレーでしたので、迷わずカレーです!

今日は朝食キーマカレー、昼食海老カレー、晩飯カニカレーです。

カレー尽くし!笑

本日の昼食です!機内食ってなんだか給食みたいですよね、毎回わくわくします。

 

 

スワンナプーム国際空港に到着!

気になる映画を消化していたらあっという間に到着してしまいました。

機内でやることは普段の休日と変わらないので(((
楽なものです笑

それではバンコク旅行を満喫してきます!

 

ここからは別の日の話ですが、
帰りにスワンナプーム国際空港のサクララウンジに立ち寄りました!

スワンナプーム国際空港 JALサクララウンジ 滞在記

そして帰りに搭乗したJL738便の記事です。

JAL JL738便 バンコク⇒中部 エコノミークラス搭乗記

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-乗り物のこと, 搭乗記, タイ

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.