日本

会津若松 日帰り一人旅行記 前編 喜多方ラーメンと若松城

こんにちは、ごんた(@tabisuki_gonta)です。

9月に太平洋フェリーと18きっぷを利用して一人で仙台・会津若松・喜多方・日光を観光してきました。2泊4日の旅行です。このページでは3日目に観光した会津若松・喜多方での出来事をまとめています。

太平洋フェリー「きそ」乗船記 名古屋から仙台へクルーズを堪能!

 

05:50 仙台から会津若松へ

本日は仙台からホテルの予約を取っている宇都宮まで移動しなくてはなりません。なるべく長い間喜多方に滞在できるよう、始発に乗車しました。郡山駅で東北本線から磐越西線に乗り換えです!

磐越西線はクロスシートの列車が走っています。会津若松に到着するまでの間、写真を撮りながら鉄道旅を満喫しました。

磐越西線は景色が良いですねぇ!山の合間を走ったり、うねうね左右に蛇行しながら山を下ったり、車窓をずっと見ていても本当に飽きません。

 

09:40 会津若松から喜多方へ!

さぁ会津若松を観光だ!と行きたいところですが・・・朝から何も食べていないので喜多方に行ってラーメンを食べようと思います。

そのまま磐越西線の喜多方行きに乗り換えです。

一体いつの時代の電車なんだ!!笑

公園や博物館に展示されている様なレトロなディーゼル電車がお出迎えです。

シートが直角で荷物棚が金網だ、すごい!笑

 

レトロな列車に田園風景、まるで映画の中にいるような気分!

喜多方駅へ到着です。

現在の時刻は10時25分、次の会津若松行き列車は11時39分に来るようです。その次の列車は1時間後。これは1時間で食べて戻って来ねば。。。

 

11:00 喜多方ラーメン「坂内」で食事

お金もったいないので歩いていきました笑

普段は行列ができているようですが、早く来たこともあり数分で入店できました。

店内は混雑、相席になりました。

う~ん。ごちそうさま!帰るころにはこんな大行列、早めの昼食にして正解でした。

喜多方ラーメンの老舗 坂内食堂で肉そばのお味は如何に!?

喜多方はとってもノスタルジックですね、歩いて正解でした。楽しい!

 

11:56 再び会津若松駅に到着

予定通り喜多方に1時間滞在し、ラーメンを食べ帰ってきました。

ここからは市内観光巡回バス「ハイカラさん」を使って、市内を反時計回りに観光していきます。

休日のハイカラさんの車内はかなり窮屈です。出入口は運転席横だけですので、立ち乗り客で埋まった通路をかき分けながら降りなければなりません。

なんだか小っちゃくて可愛い愛嬌のあるバスでした!

 

急ぎ足で観光したくは無いので、帰りの時間が来るまでゆっくり満喫します。まずは会津若松城!

 

12:25 会津若松城

会津若松城に、ついにやってきました!私は子供のころからお城が大好きなので、この会津若松城は兼ねてより来てみたい地の一つでした。

地図で見ても分かりますが、本丸は水堀で囲まれ、各入り口には出丸。本当に立派なお城ですね。

デーン!青い空に白い天守が映えます。さすがは鶴ヶ城!

早速館内へ、館内では会津若松の歴史・戊辰戦争の事がパネルディスカッションで展示されています。意外と中立的な内容で、とても理解しやすかったです。

戊辰戦争を知れば知るほど長州が嫌いになっていくのは私だけでは無いはず!笑

 

それはさておき最上層の展望台へ。会津若松市内と周囲に広がるのどかな田園風景が見渡せました。

来てよかった!

荒城の月のモデルは会津若松城だそうで、本丸には記念碑があります。

口ずさんじゃいますね笑

 

13:36 茶室 麟閣

天守閣のチケットで本丸内にある茶室も見学できるようです。

タダなら行こうっと!

これはわびさびと言う奴ですな!

園内では実際にお茶も頂けるようで、落ち着いた庭園を眺めながら一服されている方も沢山いらっしゃいました。

巡回バス「ハイカラさん」は会津若松城の周りをぐるりと巡るようなので、降りたバス停とは反対側にあるバス停から乗車することにします。

廊下橋を渡って会津若松城とはバイバイです!

お次は白虎隊で有名な飯森山へ向かいます。

後編へ続きます
会津若松 日帰り一人旅行記 後編 飯盛山の周辺観光

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-日本
-, ,

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.