日本

冬の札幌小樽一人旅行記2日目札幌編

前日の夜にJAL便で北海道へ到着、人生初の漫画喫茶での宿泊をしました。本日は札幌市内の観光をします。

参照⇒冬の札幌小樽3泊4日一人旅1日目すすきの編

札幌市内観光

本日は"すすきの"の快活クラブから出発です。取り合えず札幌時計台へ向かいます。

札幌時計台

札幌時計台といえば日本三大ガッカリスポット!以前訪れた高知のはりまや橋は期待を裏切らないかなりのガッカリスポットでした。札幌時計台もさぞかし何も無いんだろうな笑

札幌時計台はビルの真ん中にポツンと建っておりました。

「これががっかりスポットなの・・・・・・?」

はりまや橋くらいのガッカリを意識していたためか、ガッカリするほどのものではありませんでした。時計台の中は資料館になっているようです。行って見ましょう!

外から記念撮影をしている観光客は大勢いましたが、中へ入っていく方はほとんどいませんでした。

1Fの展示は文字だらけ。

2Fは演舞場です。室内に柱が一本も無いバルーンフレームという建築方式で、正面奥にあるカーキ色の箱の中に時計が格納されています。

並べられた木のベンチ、舞台にはグランドピアノ。なんだか教会みたいです笑

機械式時計の構造展示がありました。この時計もしっかり動いています。

この時計と全く同じタイプの物が札幌市時計台に使用されているそうです。こうやってみると機械式時計の機構って結構単純なんですね笑

この写真は夜撮ったものですが、時間帯によって雰囲気が変わるのも魅力的ですね!

こんな素晴らしい建物がガッカリスポットと言われていることがガッカリスポットでした。

【予算ゲージ】
札幌時計台入場料:\200
予算残額:\26,639⇒\26,439

親切なボランティアガイドの方に色々教えていただいたので、書き記しておきます。

時計台とクラーク博士の関係について

この時計台はクラーク博士が指導を勤めた札幌農学校の演舞場(軍事演習場)として1881年に建造されました。なぜ濃学校に軍事演習場があるのか不思議に思う方も多いかと思います。しかしそこにはクラーク博士が生徒を思う気持ちがありました。クラーク博士はアメリカの南北戦争を経験しており、そのとき教え子達も戦場に駆り出され、そして散って行った経験を持っています。「あの時私が教え子達に戦い方を教えておけば・・・」そんな気持ちと当時日本で起きていた西南戦争が重なり、次こそは大事な生徒を守るためにこの軍事演習上が建てられたのです。

因みにクラーク博士の名言、「Boys be ambitious」(少年よ、大志を抱け)は有名ですよね。でも実はこの言葉に続きがあるのはご存知ですか?「Boys be ambitious like this oldman」(老いぼれの私も頑張ってんだから君たちも頑張れよ)です。当時の日本政府が教育上の都合で文章をカットし、意訳したのではないか?という見解もあったりします。

日本では有名なクラーク博士ですが、アメリカにある彼の生まれ故郷では全く名前が知れておらず、日本での任期を終え帰国した後、金山で一攫千金を狙おうとして(大志を抱いて)破産したそうです。

 

時計台に関してのうんちく

日本に残存する機械式時計台は4塔しかなく、札幌市時計台はその中でも最古なのです。1881年から1世紀を超える時を市民に伝え続けているのです。100年前の日本人も同じ時計を見て時間を確認していたと思うと、とてもロマンチックですよね。

設計者は安達喜幸。北海道観光するに当たって様々な建物で彼の名前が出てきます。開拓使お抱えの建築設計者で西洋と東洋の建築技術を融合させ、時計台をはじめ北海道内のあらゆる重要な西洋建築物の設計を行いました。

 

北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)

時計台と来たら次は赤レンガ庁舎です!こちらは中国人観光客で溢れ返っていました。日本人の方が絶対に少ないぞ・・・・・・笑

雪に包まれた池の浅瀬でカモたちが毛繕いしています。近寄っても逃げませんでした。寒そう・・・・・・

嬉しいことに入場は無料です。赤レンガ庁舎にも開拓史のシンボル「五稜星」が正面玄関上に据えられていました。このマークを見ると、開拓使では無く毛沢東語録を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか。

正面玄関入ってすぐに大階段がお出迎え、案内図なんて脇目も振らず階段登りたさで2Fへ。

いくつかの部屋が展示室として開放されていますので、一つずつ覗いて行きましょう。

まず最初に入ったお部屋は、世界各国から北海道へ進呈された記念品の部屋。その中にはなんと、お菓子でできた赤レンガ庁舎がありました。かぶりつきたい!!

当時択捉で見つかった遺品も展示してありました。この孔って弾痕ですよね・・・むごい。。。

知事室です。天井が高いと広い部屋も狭く感じてしまうから不思議です。

北海道鉄道観光資源研究会という団体のパネル展示も開催されていました。ここだけ満員電車の様に人がすごかった・・・・・・

 

札幌市資料館

赤レンガ庁舎を後にしましたが、お昼ご飯にはまだ早い時間です。大通り公園の一番端に石造りの建物があったので行ってみることに。

大正時代に建てられた裁判所だそうです。結構立派な建物ですが周囲にも中にも観光客はいません。

観光施設というよりは市民センターの様な立ち位置で、市民の発表会や展示会が行われているようです。裁判所に関しての展示もあるにはありましたが、だだっ広い大広間に複数枚のパネルが漠然と並べられているだけでした。パネルディスカッションは会社だけで十分!建物だけを楽しみました。

沢山歩いたのでお腹が空いてきました!時間もちょうどお昼ですからラーメンを食べに行くことにします。

 

札幌味噌ラーメン「味の三平」へ

生まれも育ちも三河な私にとって、味噌は特別な調味料です。

札幌の名物である味噌ラーメン発祥のお店がこの「味の三平」。味噌大好き人間としては行くしかないお店です。

そして店舗の所在地また面白い!なんと文具店の一画にあります。写真の左右をご覧ください。ラーメン屋の目の前で「のし袋」が売られています。

お昼時ということもあり少し並びました。店内はカウンターのみですから回転はかなり早かったです。

ラーメンは当然味噌ラーメンを注文。とっても熱々です!味噌は白でした。縮れ麺にスープが良く絡らみ、これはこれでおいしい!記事を書きながらヨダレがじゅるり・・・

【予算ゲージ】

味噌ラーメン一杯:\850
予算残額:\26,439⇒\25,589

羊ヶ丘展望台へ

市内の著名観光地(一人で満喫できそうな)は周りましたので、お次はクラーク像で有名な羊ヶ丘展望台へ向かいます!

地下鉄で福住駅へ移動し、そこからはバスで羊ヶ丘展望台へ。

 

私の友人は言いました、クラークはダーツをしているのだと・・・

 

 

良く写真で見るクラーク像です!流石に羊はいませんでした。

前情報何も無しで来たので羊ヶ丘に何があるのか知りませんでしたが、園内には札幌雪まつり資料館がありました。

雪まつりって戦後復興の一環で始まったんですね、館内には過去の開催された雪まつりの模型が展示されています。

羊ヶ丘オーストリア館へ、オリンピックでオーストラリア選手が宿泊した建屋を移築したんですって!中には北海道土産屋とフードコートがあります。

白い恋人ソフトクリーム、いただきます!

羊ヶ丘は意外と何も無い!短い滞在となりました。

【予算ゲージ】
地下鉄往復(札幌⇔福住):\580
バス往復(福住⇔羊ヶ丘展望台):¥420
羊ヶ丘展望台入場料:¥520
白い恋人ソフトクリーム:¥350
ガラナ:¥160
予算残額:\25,589⇒\23,559

 

大盛いくら丼を食べに居酒屋「はちきょう」へ

このお店、観光客にはかなり有名なのではないでしょうか?

予約を入れようと電話をしても中々繋がらず、直接お店へ出向いて予約をしました。滞在中の3日間で空いているのは閉店間際のみ。危ない危ない。

頼むのは勿論つっこ飯!豪快な掛け声と共にいくらをどんどんよそってくれます。大中小ありますが、私はいくらが大好物なので中サイズでいきます。

お通しもいくら、北海道の形をしたワカメが可愛い!


おいさ!おいさ!という掛け声でいくらを入れてくれます。こっちが恥ずかしくなってくる笑

ネットの事前情報ではつっこ飯の中サイズでも量が多く、小サイズがお勧めとありましたが、私には中サイズでも足りないくらいでした。いくらでもプチプチできる!

【予算ゲージ】

お通し:\490
つっこ飯:¥2,290
予算残額:\23,559⇒\20,779

 

ラーメン屋「濱龍」へ

まだ少しお腹に余裕がありましたので(錯覚)、ホテルへ行く前にもう一軒ラーメン屋へ寄っていきます。

ラーメン横丁を覗いてみました。う~ん・・・客寄せするお店はなぁ・・・

諦めてホテルへ帰る途中、美味しい匂いが漂ってきました。ラーメン屋「濱龍」です。「北海道知事賞」を受賞した味噌を使っているらしい!まさしく匂いに釣られて入店しました。

店内はおじいさん3人で切り盛りしていました。お勧めは味噌ラーメンだそうで、味噌ラーメンを注文。

さあラーメンがやってきました!こちらも「味の三平」と同じ白味噌ベース、隠し味に砂糖を入れているようで、ほんのり甘い味噌ラーメンです。俗に言うおばあちゃんの味です。味噌なのに不思議とあっさりして食べやすいラーメンでした。

お腹一杯だけど汁まで飲み干したい・・・・・・

【予算ゲージ】

味噌ラーメン:\801
予算残額:\20,779⇒\19,978

 

宿泊ホテル「ティアラホテル札幌すすきの」へ

本日の宿泊先はホテル「ティアラすすきの」です。なんと、すすきの駅から5分という好立地にも関わらず、大浴場に朝食バイキング付きで楽天トラベルで一泊3,100円です!

大抵は安いホテルには安いワケがあるのですが、このホテルは施設・サービス共に大手ビジネスホテルの完全上位互換でした。ちゃんと室内にもお風呂とトイレがあり、アメニティ類も完備されています。

部屋も結構広いしとっても清潔です!

ホテルの事なんて書くつもりありませんでしたが、良いサービスを受けると紹介したくなっちゃうんです笑

【予算ゲージ】
ティアラすすきの2連泊分:¥6,200
予算残額:\19,978⇒\13,778

明日は小樽へ観光に行きます!おやすみなさいっ

冬の札幌小樽3泊4日一人旅3,4日目小樽編

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-日本
-, ,

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.