台湾

台湾旅行記|二人で3泊4日旅>九份と士林夜市へ(1日目後編)

台湾旅行1日目前編では日本から台湾へ移動し、アイスモンスターへ行きました。

参照⇒二人で行く3泊4日の台湾旅行記 1日目前編「台湾へ!」

1日目後編では夜の九份と士林夜市を観光食べ歩きます!

16:10 九份行き乗り合いタクシー乗車

九份から夕焼けを見たかったのですが、気が付いたら午後4時を周っていました。

九份へ着く頃にはもう真っ暗。そして九份のお店も遅くまで開いていないので滞在時間がかなり短くなってしまいます。

私「時間も無いし、九份は明日にしようかな・・・」

おじさん「明日は土曜日だから九份はきっと大混雑だ」

二人で旅行計画をねりねりします。

二人「混雑は嫌だね」

満場一致で夜の九份に向かうことになりました。

 

九份へは一番安い移動手段「路線バス」で移動することにします。

忠孝復興駅にある九份行きバス乗り場へ到着すると、何かの従業員っぽいおじさんが日本語で「きゅうふん!きゅうふん!」と叫びながらこちらへ寄ってきます。

そしてカタコトな日本語で乗合タクシーへの勧誘をしてきました。

「バスもう30分来ない!」「バスで向かう、バス遅い!真っ暗、店閉まってる!」「タクシー使う、バスより1時間早い!」

 

私「バス30分後ですって、どうしましょう?」

おじさん「どっちでもいいよ」

私「250元、800円くらいなら乗っちゃいます?」

おじさん「任せる。」

カタコト勧誘おじさんは私たちの返事を待たずに乗り合いタクシーへ案内しました。

タクシーは6人の乗り合い、後部座席には既に日本人男性が2人乗っておりました。

乗合タクシーは6人乗り、乗客が6人集まらなければ出発しませんから人数が揃うまで待つことになります。

タクシー内での待ち時間の間、暇でしたのでバスの時刻表をスマートフォンで調べてみると・・・・・・

5分後にバスが来るではないですか!

乗り合いタクシーの勧誘はバス亭で待つバスの乗客に対して行っております。

そのバスが5分後に来るのですから、乗り合いタクシーのお客さんが集まるわけありません。乗り合いタクシーの出発はバスが出てから何十分後でしょう。

「後5分後にバス来るっぽいですよ、騙されましたね笑」

「そうなの?」

「こっそり降りちゃいますか!」

 

タクシーをエスケープしました。

 

 

16:20 九份行きバス乗車

案の定すぐにバスが来ました。

乗り合いタクシー勧誘おじさんの客引き虚しくみなバスへ乗り込みます。

バスの移動時間に関してはタクシー勧誘の言うとおりでした。路線バスですので台北市内を転々と停車してから九份へ向かい、到着に90分掛かりました。(タクシーだと40分でした)

乗り合いタクシーにはバスより90元高いですが、九份滞在時間を50分長くできます。

今度から乗り合いタクシー使おっと笑

もうすぐ九份に到着のところで突然バスの運転手さんが台湾語で叫び始めました。

マイクパフォーマンスなのでしょうか?残念ながらバスの中は日本人が殆ど、当然何を言っているのか理解できません、

沈黙の中で叫び続ける運ちゃんは少し怖かったです。

ようやく九份へ到着!既に辺りは真っ暗でした!

 

参照⇒個人旅行で行こう!台北市内から九份への行き方まとめ!

 

17:50 九份散策開始!

今日は平日金曜日ですが九份はとにかく人だらけで活気に溢れています!

そして国内のテーマパークにいるんじゃないかと思ってしまうほどの日本人率です。

ジブリパワーは偉大ですね!

この阿妹茶楼というお茶屋はジブリっぽいことで有名、階段も狭い上に立ち止まって写真を撮る人も多いので前へ進むのが大変でした。

 

18:35 阿妹茶楼にてティータイム!

どうやら阿妹茶楼ではお茶が飲めるようです!

ここに来る前に覗いた茶房ではお茶一杯3千円とあったので入るのにちょっぴりドキドキします。

夜の時間帯はお茶セットのみの提供だそうで、そのままお茶セットを出していただきました。

 

阿妹茶楼の詳しい情報や滞在記は以下の記事を参照ください。

参照⇒千と千尋の神隠し?九份の阿妹茶楼(あめちゃろう)でお茶してきました!

 

20:05 中華料理「戯夢人生茶飯館」で晩御飯

阿妹茶楼の居心地が良すぎて1時間以上滞在してしまいました笑

九份に着いてからまだお茶しか飲んでいません。お腹の空きが限界でしたので晩御飯を食べることにします。

しかし我々は弾丸旅行の最中、九扮で美味しいお店なんて知るワケありません。

阿妹茶楼のちょうど反対側に空いている中華料理屋がありましたので、そのまま入っちゃいました。"戯れる夢の人生"ステキな名前のお店ですね笑

このお店の食事席は三階にあります。

なんとなんと、食事席のあるお部屋、窓にガラスや戸がついていないのです。

絶景を直接肌で感じられ最高のロケーションでした!

それではご飯にします!店員さんが持ってきてくれたメニューを指差しして注文

まずは「豆苗炒め」これ絶対美味しいやつだ!

辛くてカリっとした海老、確かちょっとお高めで2000円くらい、サクサクジューシー!

書いててお腹減ってきたわ

「小籠包」写真を撮る前に待ちきれず食べてしまいました、中から肉汁がタップリ笑

こちらの中華料理屋、お値段が百貨店の高級レストラン並でしたが、それ相応にかなり美味しかったです。

お店の方の対応も良く、会計をしてくれた店員さんは日本語ぺらぺらでした。

 

20:55 バス乗り場へ移動開始

ご飯を食べ終わった頃にはもう21時近くなっていました。

この時間になるとシャッターを下ろす店が増え、先ほどの人ごみが嘘の様に静まり返っています。

お祭りの後、何かに取り残されたような寂しい気持ちになります。

これだけ空いていればバス亭もガラガラでしょう!

なんて甘いものでもなく、閑散とした九扮とは裏腹に台北市内行きのバス停には溢れんばかりの人が列を成していました。

「これはタクシーだな・・・」

 

20:20 タクシーで台北駅へ

バス停に長蛇の列ができているので、帰りは潔く乗り合いタクシーに乗り込みました。

乗合タクシー車内は3列シートの7人掛け、前から2-3-2の配置です。

助手席におじさん先輩に座ってもらい、私は真ん中列の左側に腰掛けました。私とおじさん以外は全員女性、国籍もバラバラ、恐らく運ちゃん合わせて4国籍の人間が乗っていました。

グローバルタクシーですね!

タクシーは曲がりくねった坂道を車線をはみ出しながらスイスイ下っていきます。その度に横の女性がもたれかかってきて・・・ウフフ

なんて事は無く、全員遊び疲れて無表情でタクシーに揺られています。

高速道路の追い越し車線を一っ飛ばし、21:05には台北駅に到着してしまいました。

 

21:05 台北駅からMRTで士林へ

台北駅へ到着したのは午後9時、おじさん先輩は結構疲れ気味でしたが、私の胃袋と体はまだ満足していないのです。

そのまま疲れたおじさんを引き連れて土林駅へグルメ屋台巡りに向かいます。

 

土林駅へ向かうためMRT「台北駅」に直結する地下街を歩いていると"五鐵秋葉原"なんて看板がありました。

秋葉原!?気になって調べてみると、ホテル等が入った複合施設ビルの名称でした。

昔は小さな電化製品/アニメグッズを売るお店がひしめき合っていたそうですが今はそういったお店は殆ど無いようです。

2018年末に台湾へ来訪した時は看板は撤去されていました。

士林夜市へはMRT「士林駅」の手前にある「劍潭駅」で下車します。紛らわしい!

私は"士林夜市=食べ物屋台"だと思っていたのですが、食べ物以外にも雑貨からファッションまで様々な物が売られていました。

とにかく人が多いため財布をすられないか心配・・・

雰囲気は大須商店街に似ているかもしれません。

色々な文化、色々なお店が入り混じり見ていて楽しいです。

 

21:40 「士林夜市」食べ歩き開始!

折角来たのだから屋台で食べ歩きしないとね!下調べ無しですが、取り合えず美味しそうな屋台に突撃します。

刈包

「刈包」という食べ物を出している屋台がありました、こんな美味しそうな看板見たら買っちゃいますよね!笑

見るからに美味しそう!

色々食べたかったので二人ではんぶんこ、ちょっぴり甘めな味付けでペロッと食べれちゃいました。2つ頼めば良かったな笑

お店はおばあちゃんとおばちゃんで切り盛り

良かったら行ってみてくださいね。

 

うずらの卵

次の屋台です。うずらの卵屋?笑

想像通りの味付けです。台湾は日本と味付けが近いから何でも挑戦できますね!

 

士林夜市 「地下(B1)美食街」へ

レビューに地下美食街は客引きが凄いとありますが、腕を引っ張られたり付いて来たり通せんぼなんてことはありませんのでご安心を!

敦賀にあるお土産屋"日本海さかな街"程度の客引きです。

地下美食街には何十店舗もの店が入っています。お店選びが大変!

 

臭豆腐

会社で先輩に臭豆腐食って来いと言われたので食べてみることにします。

適当に忠誠號蚵仔煎というお店に入りました。

届くや否や、変な匂いが鼻を刺激します笑

豆腐自体は普通の揚げ豆腐の味です。

豆腐自体は美味しい。しかし味付けがやばい。

①豆腐の上に乗ったパクチーがまず日本人の舌を阻みます

②謎の異臭を放つタレが味覚を襲います

③お口の中に異臭が残ります

先輩は一口齧ってアウトでした。私は残りの3個を頑張って食べ、ガチで吐きそうになりました。

そしてその夜、翌日の朝にトイレへ篭るハメに・・・・・・

どうやら私の場合は豆腐でなく、パクチーがためだったみたいです。

 

タピオカ/グアバジュース

アジア方面の観光地に行くと絶対こういうお店ありますよね、果物ジュース屋です。

ジュースでなくてもカットフルーツで買うことも出来ます。

メニュー、どれも40元以下の様です。

タピオカジュースが観光ガイドによく載っていますが、よくあれだけの量を良く飲めますよね。。

私は飲みきる自身が無かったので南国フルーツのグアバジュースにしました。

果肉のつぶつぶが入っておいしい!

 

22:30 MRTにてVIPホテルへ

そろそろ明日に備えて寝ないといけない時間ですのでホテルへ帰ります。

この日は15,434歩、11.02km歩きました。

色々な食べ物に挑戦したけど、臭豆腐はやばかったなぁ・・・

明日は国立台湾博物館、総督府、国立中正記念堂、猫空と士林夜市リベンジに行きたいと思います。

 

翌日へ続く!

台湾旅行記|二人で3泊4日旅>中正紀念堂と周辺建築物観光(2日目前編)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-台湾
-

Copyright© ひとり旅のセカイ , 2020 All Rights Reserved.